たかがクマノミ、されどクマノミ part1

このコーナーは、お客様・スタッフのPhotoを展示します。マクロ・ワイドを問わずいろいろな角度から作者の思い入れの一点を紹介させていただきます。
我々のモットーでもある「たかがクマノミ されどクマノミ」。どこにでもいる、またみられる魚や風景を、どう撮ったら「絶句させられるPhoto」になるのか・・・。独断と偏見、限りなくビギナーに近いプロの目になりきった気持ちで、作品一点一点にコメントさせていただきます。

by テツ

作者名:new!AYAMI 様

TG-4での撮影。

コンデジでも優れた機能を持つTGシリーズ♪

これはフィッシュアイモードの機能を使っています。
なんであれ・・・ワイドの基本は、近づく事。。

近づきすぎ?でも、バックには群れがしっかりと写り込んで、
「群れ」の迫力のある絵になっています。


作者名:new!美帆 様

OM−Dでの撮影。

ハイ、チーズ!・・・もう笑いが込み上げて来ます。
この被写体(ミナミギンポ)は、やはり正面顔を押えたいですね!

作者名:new!宮畑 様

OM−Dでの撮影。

なんとも無骨な?神々しい?ビシャモンエビ。

名前からして、ゴツイ名前ですが、とても大人しい?(動かない)比較的撮り易い被写体です。

ただ、地味な色合いなので、バックはブルーか?

作者名:new!弘子 様

フィルムカメラ、ニコノスX型を手放して・・・コンデジへ移行した弘子さん。

フィルムへの愛着から脱却して、惜しみなく押す事のできるコンデジへの便利さや手軽さで、これからもお互いに精進しましょうネ。

(作品のコメントがございませんが?)

作者名:宍道 健介 様

初登場!の宍道さん♪

TG-4での撮影。

僅か5mm程度のヒメイソギンチャクエビですが、御年?歳の目にはやや酷かもしれませんが?果敢にチャレンジしています。

やや、ライティングが外れて手前が暗くなりましたが、被写体に当たっているので・・・OK!と、しましょう。。

更なる、マクロトライに乞うご期待です!

作者名:まぁちゃん 様

こちらもTG-4での撮影。

マクロモードでしょうか?

こんな被写体に巡りあえたらラッキー♪

被写体が中心に位置しがちなので、敢えて、中心から外す構図も
考えましょう!


作者名:ナオコ 様

Canon EOS 50Dでの撮影。

今回は60mmマクロを装着。
レンズ的には、100mmクラスより明るいレンズですが、小物狙いでは、やはり100mmクラスがお勧め。

ただ、この写真はトリミングなしで掲載しましたので、周りのソフトコーラルがお花畑に囲まれている感じが、メルヘンな世界を醸し出して、60mmならではの世界が広がりました♪


作者名:マサヒロ 様

ミラーレスカメラのE-M1MarkIIでの撮影。

なんだか不思議な感じです。。
良く見られる地味な?クロスジアメフラシですが、「馬面」で後ろに腕を組んだ、厳格な、まるで世の中を悟った強面のオヤジに見えるのは・・・私だけ??

絞りが開放値に近いのか、被写体が浮かび上がり、バックのボケ具合が絶妙です。


作者名:ケンイチロウ 様

パナソニック社製のDMC-GF2での撮影。

コンパクトなカメラなのですが、ミラーレスで、やはり重厚な雰囲気が出ています。

やや暗めで平坦なアングルも、アカテンイロウミウシの重厚さと、艶やかさが際立ちます。


たかがクマノミ、されどクマノミ Part2 −Manta Ray Library−

石垣島ダイビングショップ「ライオンフィッシュ」
〒907-0024 沖縄県石垣市新川1585-135
TEL/FAX 0980(82)2096
VISA、JCB、 MASTER 、DCカード提携店
lionfish@basil.ocn.ne.jp


© 2015 All rights reserved | lionfish