6月18日(木)

DIVE1

Point Weather Wind direction
(風向き)
Transparence
(透明度)
西表島ノバル晴れ 南西 15m

透明度がいいと聞いていた西表の北側ですが。

やはり日々潮はかわっていくのですね。

今日はどんよりどんより。

 

昔よく潜っていたエリアなので、沖にむかってゆるりと散策です。

ドロップ沿いにはヒメアイゴの30匹群れ。

繁殖期なのでしょう、薄暗い海の中でも、ひときわ鮮やかな黄色でした。

 

大きなカメも登場しましたが、あっという間に見えなくなってしまい(´;ω;`)

中盤は、探検気分でクレバスを覗きます。

 

途中抜けられる場所を確認しながら進むと、

あら!ずんずん行けちゃうじゃない♪

 

ただ、最後の穴から浮上すると、その上はほぼほぼ水面!という

浅瀬になっていたので、

程よい場所でリターンしました。

 

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:16m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo


  • DIVE2

    西表島ノバル 晴れ 南西 15m

    2本目はガイド交代で、イセリさんを担当。

    カメ&地形を楽しんだ後は・・・

    マクロに専念♪

    御年76歳のイセリさん、マクロ物3mm!クラスの↓↓↓クロナマコに宿る

    ナマコマルガザミのメガロパ幼生(脱皮を繰り返してカニの形に近づくらしい)

    ↓↓↓も、なんのその!

    これは、休憩中に撮った私の写真♪

    photo by TETSUROU

     

    ↓↓↓こちらのナデシコカクレエビ1cmの幼体も果敢にTG−4でトライ♪

    ピョンピョン飛び跳ねて、撮り難い個体あったが、魅惑的な色合いにくぎ付け〜。。

    photo by RITSUKO

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:15m 水温:28℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo


  • DIVE3

    小浜島ノースドロップ 晴れ 南西18m

    小浜の潮も、あまりよくありませんでした。

    グルクンたちも高い場所で餌を食べており、

    呼んでも呼んでも(そう、魚は呼ぶと来てくれるんです♪)、

    今日は降りてきてくれませんでした。

     

    ならば!ヘラジカハナヤサイサンゴが見事なこのポイントなので、

    片っ端からチェックチェック☆

    大きなセダカギンポがサンゴの間で卵を守っていました。

    ちびっこが登場するのはいつかないつかな?

     

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:15m 水温:29℃ ログ記入者:りつ☆