6月17日(水)

DIVE1

Point Weather Wind direction
(風向き)
Transparence
(透明度)
竹富西晴れ 南西 20m

かーちばいというのは、南西寄りの南風。

この風が強い今の季節は、どの島影でもびゅぅびゅぅと吹くものなのですが、

リーフで囲まれたこのポイントは、かなり軽減してくれるのです。

 

そして、10m前後の穏やかな傾斜の砂地には、

身をよせるにはもってこいのサンゴの根があります。

 

今の時期、キンメモドキやスカシテンジクダイ、カマスのちびっこたちが、

日増しに数を増していきます。

 

photo by TETSUROU

透明度が良くて晴れたタイミングなら、

これぞ八重山の海!と胸を張れるようなエネルギッシュな景色に出会えます。

 

残念なのは、長くは続かないこと。

ほんの30分の内に、透明度や潮の流れが変わる事があるのです。

 

photo by TETSUROU

魚たちのボリュームも、日増しに増える代わりに、ピークを過ぎると激減していくのです。

刹那の出会いだからこそでしょうか、

このシーンに出会えるチャンスがとても貴重なのです。

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:11m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo


  • DIVE2

    三つ岩 晴れ 南西20m

    今日はガイドを交代で、大御所イセリさんを担当♪

    ここも透明度が良くて、とても爽やかなダイブであった。。

    ↓↓↓

    photo by RITSUKO

     

    photo by RITSUKO

    極上サンゴとオキナワスズメダイ、そして、サネラーことグルクンの幼魚が

    根の縁を玉になって中層を浮遊。

    こんな時は、ただただ、浮遊感を堪能するのも良し!

     

    イセリさん曰く・・・「癒された〜」

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:15m 水温:28℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo


  • DIVE3

    嘉弥真島北 晴れ 南西18m

    前半はリーフ沿いにオキナワスズメとグルクン玉を堪能してきました。

    絵本のスイミーさながらのグルクンたちの一致団結。

    薄赤い体の色も相まって、

    まるで空にはじける打ち上げ花火のような美しさでした♪

     

    後半は洞窟へ。

    冬場は数が減っていたカエルウオやギンポたちも、まぁ賑やかな事!

    目の前だけでイシガキ・ヒトスジ・フタイロ・ゴイシ・エリグロと、

    あっという間に5種類制覇です。

     

    洞窟の中も、強い光がスポットライトのような美しさでした。

    魚ではないけれど、ゆらゆら揺れる光のカーテンは、

    これまた動画に収めると、何度でも見返したくなる思い出になりますね。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:11m 水温:27℃ ログ記入者:てつ