12月31日(火)

DIVE1

Point Weather Wind direction
(風向き)
Transparence
(透明度)
宮良湾口曇り 北東20m

2019年もいよいよ大晦日。

今年も生憎の時化模様に当たってしまいましたが、

ドライスーツのカズさんミワさんなので、どんと来い(=゚ω゚)ノなのです。

 

一本目は沖合のポイントで。

カメラは持たず、ライトアップでのんびり楽しむスタイルのお二人。

進むスピードも、ごくごくゆるく進んで行きました。

 

ボート下にはハマクマ団地。

『何匹いる?』とミワさんにボールを投げると、『12匹までは数えました(=゚ω゚)ノ』とのお返事。

 

そこここの穴からタマイタダキイソギンチャクが顔を出しているので、

きっとみんな親戚一同☆、仲良く暮らしているのでしょう。

 

周りのサンゴは、見事なアオサンゴの群落です。

今年はこのエリアもサンゴが戻ってきていて嬉しい限りですね。

 

中盤はクマノミ巡り。

紫色のハナゴイや、くるくると色を変え、岩陰では真っ赤になってこちらをにらんでいるホウセキキントキなども楽しめました。

 

キイロウミウシやヒラムシも登場、のんびり&まだまだ寒くないダイビング\(^o^)/を楽しめました♪

 

 

 

潜水時間45分 最大水深:19m 水温:23℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo


  • DIVE2

    宮良インリーフ 曇り 北東 15m

    困った時の宮良インリーフ♪

     

     

    それでも、こんな可愛いキリンミノの幼魚なんかもいてくれて、大雨の後の水底に

    積もったヘドロが舞う事を除けば、なかなか楽しいポイントでもある。

     

     

    クマノミの種類も豊富で、また、プチクマノミ城もあり、カズさん&ミワさんご夫婦も、

    慎重に?ヘドロの水底をいかに巻き上げずに( *´艸`)進んで、3m水深をキープ

    して、のんびりと楽しいで頂く。。

     

    この時化も、今日がピークと見よう。。

    明日は新年・・・どうぞ穏やかに♪

     

     

     

    潜水時間:40分 最大水深:5m 水温:23℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo


  • DIVE3

    宮良インリーフ 小雨 北東 15m

    困ったなぁ・・・お見せできる楽しいものが見つかるかしら?

    顔を上げずに、ボートまで無事に帰れるかしら?

     

    と、大いに悩んだ三本目。

    何しろ、浅い水底には数センチの赤土が積もっていて、

    水底近くを泳ぐと、もうもうと濁ってしまうのです。

    そして船を動かさずのコース替え、二本目に行った根は、ゆるりとスルーしなければなりません。

     

    デカイ!サザナミハゼのペアー♪

     

    コンパスと、指さし確認と、目を凝らしてようやく見える岩の形を頼りに、

    それでも45分のんびりと潜る事が出来てホッとしています。

     

    出し物は、カズさんが見つけたタコ・オビイシヨウジ・アカヒメジの群れ・一切れのピザ見たいな三角形のヒレを頭に付けたセグロヘビギンポ・巨大なワンルーム暮らしのセジロクマノミ・手のひらサイズのネッタイミノカサゴ・すわ!オイランハゼかっ?と思ったら、サザナミハゼだったペアーなどなど・・・。

     

    大雨の後は、こんなにも環境が変わってしまうこのポイントです。

    暮らす生き物たちも、きっと大変だろうなぁ・・・。

     

    ちなみに、おまけでフリーで潜っていた二本目には、巨大なカマジャー(ロウニンアジ)や、4匹バラクーダなどもグルグルと回っていました。

    何がどう出るのか、難しくもあり、ワクワクでもある、インリーフでした!

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:7m 水温:23℃ ログ記入者:りつ☆