12月27日(金)

DIVE1

Point Weather Wind direction
(風向き)
Transparence
(透明度)
黒島仲本海岸エリア part1曇り18m

昨日のベタ凪 どこ行った〜(´;ω;`)ウゥゥ

 

大崎方面、とてもじゃなく。

竹富までも、大波続き。

仲本海岸エリアは、他の船も見当たらず。

 

安全第一☆で、確実なアンカーリングで臨んだ一日でした。

 

水中もハードだった一本目。

流れあり、浅場からの冷たい濁りあり、底揺れもあり。

今日は、大きな一眼レフを抱えたクミさん&クミコさん&昨日の穏やかさを知っているトミコさんとの、女子会ダイブでしたが、

 

流れに向かって、さてどこまで進めるかな?

 

眼レフのお二人は、マクロレンズ。

ウミウシが旬☆なこの季節&このエリアなのですが、

気持ちが焦るせいか、どう見てもがれた岩にしか見えないドロップオフなのです。

 

少しでも足場よくカメラを構えられる場所へと、−18mラインまでゆっくりと潜降。

クマノミ家は賑やかでしたが、流れに向かって、ミツボシと一緒に泳ぐ泳ぐ〜(´;ω;`)ウゥゥ

 

何とかアカイバラウミウシをお見せ出来ましたが、

じっくり撮る所までいかなかったので、

二本目に宿題として残しました(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

潜水時45分 最大水深:13m 水温:23℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 昨日までのポカポカ陽気から一転、冬空と北風強風の一日に
    ・・・
  • DIVE2

    黒島仲本海岸エリア part2 曇り 18m

    休憩中に、更に流れが強まったので、

    ハナゴンベコースを急遽変更→ドロップ下の根へ向かう事になりました。

     

    たわむ潜降ロープの重りを増やし、ロープも更につないで長めにして、

    潜降と移動&集合をより確実に!

     

    難しいコンディション下でのダイビングは、色々な不安が膨らんでしまうものですが、

    安全かつ楽しく潜る為に、それを一つ一つ解決&解消して行きました。

     

    想定通り、ちょっとハードだったけど!

    二本目はお一人ずつにアカイバラウミウシをご紹介出来たので、良かった♪

    一本目にも登場したウルマカサゴも、一回り大きな個体がまたまた登場。

    見た目以上に綺麗な色が出る、カンザシヤドカリもご紹介出来ました。

     

    ネタ数が少なかったのが心残り。

    三本目のテツさんの『必殺☆ウミウシ眼☆』に期待を込めてバトンタッチです♪

     

     

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:24m 水温:22〜23℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo

  • キイロウミウシ♪
    thanks photo by KUMI with
    Canon EOS 7D
  • DIVE3

    黒島仲本海岸エリア part3 曇り18m

    眼レフ女子(クミさん&クミコさん)を従えて?!

    岩に張り付くの巻♪

     

    帰り際、我々の前を優雅におまけの・・・小さな可愛いマンタも登場!
    もちろん、見るのみ!! クミさんは、かなりの興奮度MAX!でした。( *´艸`)

     

    サキシマミノウミウシの極小♪

    ↑↑↑

    thanks photo by KUMIKO with Canon EOS Kiss X4

    ↓↓↓

    一押しのカンザシヤドカリ♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:7m 水温:23℃ ログ記入者:てつ