11月28日(木)

DIVE1

Point Weather Wind direction
(風向き)
Transparence
(透明度)
宮良湾 インリーフ @ 曇り北東 20m

今日は大崎方面へ無理に北上するのを止めて、

まだそれほど時化ていない宮良へやって来ました。

 

晴れて穏やかなコンディションで、このポイントで潜れるなんて、

ある意味特別で、妙な嬉しさがあります。

 

ただ一つ、心配なのは、このエリアでジャッキーに会えるのか?

 

・・・案の定、他の魚はほぼほぼ全種類(言い切りました!)見かけるのに、

フタスジタマガシラだけがぽっかりといないのです。

 

クチナガイシヨウジや、ヒレナガハギのちびっこや、クマノミも盛り沢山、ギンガハゼもスカシテンジクも楽しんだのに・・・

ジャッキーだけがいない・・・。


thanks photo by OSAMU with E-M5MarkII

 

ノリコさんとタケシさんの熱が私に伝わる、毎年恒例のジャッキーウイーク。

しょんぼりしたのは私の方でした(´;ω;`)

 

↑↑↑

朝イチは透明度も高く、
ここは竹富?それとも黒島?と錯覚☆☆☆

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:10m 水温:24℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • ゴクラクミドリガイの仲間
    thanks photo by OSAMU with
    E-M5MarkII
  • DIVE2

    宮良湾 インリーフ A 晴れ北東 13m

    二本目はコースを変えて、再びのんびりダイブです。

     

    大きなハマサンゴが点在するこのエリア、

    それぞれに主の様な魚達が君臨しています。

     

    面白かったのが二匹のライオンちゃん。

    岩の端で休憩していたのですが、

    私達の顔を見るなり、二匹並んでこちらへずんずんやってくる!

     

    写真を撮るには、こちらを向いてくれるのは助かるのですが、

    向こうは明らかにこちら威嚇していて、

    『おれっちの縄張りから出ていけ〜〜〜(-_-)/~~~』モードなのです。

     

    隣の根では、ちょっとした窪みにきっちりとはまり込んだヒトヅラハリセンボン。

    頭から突っ込んでいるので、尻尾はわりと自由なはずなのに、

    きっちりと折りたたんで行儀よく寝ておりました。

     

    テツさんが見つけたタツノハトコは、体長2センチあるかどうか。

    マクロモードで撮影して、それを更に拡大してみないかぎり、

    白い口先もくるくるした目玉も、なかなかはっきり分からない程の小ささでした♪


    ↑↑↑

    thanks photo by OSAMU with E-M5MarkII

    ↓↓↓

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:5m 水温:24→23℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo

  • イッカクガニ♪
    thanks photo by OSAMU with
    E-M5MarkII
  • DIVE3

    宮良湾 インリーフ B 曇り北東 10m

    怒濤の三本インリーフ!

    透明度は分かりやすいくらいにどんどん落ちて来て、

    水温に至っては23℃となりました(´;ω;`)

     

    二本ともジャッキーを外したので、

    少し広めのリーフへ移動。

    願いが通じて、本日初のジャッキーとのご対面となりました。

    思わずノリコさんと固〜い握手握手☆

     

    一方で、写真がますます面白くなってきちゃったタケシさん。

    最後にどどどっと登場したオオメカマスに誘われて、

    濁りの中に姿を消してゆきました(´;ω;`)ウゥゥ

     

    明日からはナビゲーションの特訓だぁ〜(=゚ω゚)ノ ←でた!すぱるたんリツ★

     

    でも、これまた濁りの中に消えていくオオメカマスを、

    しっかりと捉えて下さいましたよ♪

    ↓↓↓

    thanks photo by TAKESHI with TG-4

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:5m 水温:23℃ ログ記入者:りつ☆