10月29日(火)

DIVE1

Point Weather Wind direction
(風向き)
Transparence
(透明度)
竹富島 ハナヒゲ不在のハナヒゲポイント 曇り 北東20m

今日はテツ船長お休みの日( *´艸`)

ということで、フミオさんとククル丸に乗せて頂きました。

 

今日の竹富南エリアは、透明度が抜群\(^o^)/

30mオーバーで、水も冷たすぎず、そよそよとした流れも丁度良く、

ご機嫌なコンディションに恵まれました♪

 

ハナヒゲウツボは時間差攻撃に負けてしまい、姿を見られませんでしたが、

ガーデンイールー・オオアカホシサンゴガニ・スカシテンジク・チビグルクン・ユカタハタ・スザクサラサエビ・イソギンチャクエビ・ヒレナガネジリンボウ・シマキンチャクフグベイビー・オビイシヨウジ・ニセアカホシカクレエビなどなど、

 

竹富らしいラインナップをのんびりと楽しみました。

 

 

潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:26℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 頼りにしてるぜ!とっつぁん!
  • DIVE2

    竹富島 ケラマの根 晴れ 北東 20m

    流れがちょっと強まりましたが、

    明るい水中は、久し振りのルート取りもばっちり記憶が呼び覚まされ\(^o^)/

    楽しんで行って来ましたよ♪

     

    ヨスジフエダイのちびっこ・大きな大きなウミシダ・ケラマハナダイにフタイロハナゴイ・アザハタ・タテジマキンチャクのちびっこ・リュウグウベラギンポ・ミナミコブヌメリなどなど、

     

    きれいどころ&ユニークどころ満載となりました♪

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:26℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo


  • DIVE3

    竹富島 ウミウシ谷 曇り 北東 20m

     

    一度港に戻ってからの再出航は、強い北風もあって、三度竹富へ。

    砂地エリアとはちがって、地形がダイナミックなこのポイント。

    ガレ場でのウミウシ探しもいいのですが、

    折角なので流れに向かって根の突端へ向かってみました。

     

    流れを受けて見上げる上空には、

    グルクンが文字通り100万匹!

    透明度もまだまだ高く、日も出ていたので、

    流星群のように、キラキラと輝くグルクンを満喫できました。

     

    テングハギモドキやサザナミトサカハギも混ざり、

    遠い遠い落水までいかなくても、こんな近くにこんなプラネタリウムがあるなんて\(^o^)/

     

    ミドリイシ系のサンゴ達は、まだそれほど復活して居ませんでしたが、

    それでも以前潜った時よりは、命の気配が増していました♪

    パラオハマサンゴの群落も、見応えがありました♪

     

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:26℃ ログ記入者:りつ☆