1月2日(火)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富島シュリンプキャッスル 快晴 北東 2m 20m

まんまるお月さまにパワーをもらって?
竹富からスタートです。

水面は風波高し。
水中はごく平和でした。

お二人ともカメラ派ですが、
歩くスピードが違うので(^ω^)、
メンミツなプランニングが必要とされます(*^^*)

オサムさんはヤシャハゼ前で途中下車。
サトルさんはそのままドリー根まで。

『そろそろ終わり☆の頃に迎えに来ます』の約束でしたが、
サトルさんがドリー根を終了しても、
まったく動かないオサムさん。

ギンガマンがお休みだったので、
サトルさんはネジ前で途中下車。

そろそろ?と様子を見に行ったオサムさんのOKをもらったので、
@ドリーAカザリイソ・エビのどちらがいい?と尋ね、
カザリセレクトとなったので、カザリ根で途中下車。

ネジ終了のサトルさんには、とんがりの根でリフレッシュしていただいていると、
何やら楽しそうに撮ってる!
どれどれ!と見に行くと、
アカシマシラヒゲエビが10匹あまり表に出ておりました!

あまりに面白すぎて、軍手を外し、白魚のような手(盛っております)をクリーニングしてもらいました(^ω^)

こんな『今しかない!』チャンス、
カザリを早めに切り上げていただき、
オサムさんにもゲキシャしていただきました!

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:22℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo


  • こちらは水中マンタ♪
    thanks photo by SATORU!
  • DIVE2
    黒島V字ドロップ 快晴北東 2.5m 20m

    風を避けて黒島へ。
    船の後ろでは、もうマンタ祭りが始まっておりました。

    目指すはハナゴンベ。
    でま泳ぎ出してすぐに、もうマンタ\(^o^)/

    ハナゴンベが深いので、
    長居はせずに再び移動です。

    ハナゴンベは変わらず美しく、
    一段上の白クマも、
    二段上のピンクマもきれいだった〜\(^o^)/

    棚の上にはノコギリダイにニセカンランハギ。

    最後は白いフリフリブラウスのキイロウミウシで投了となりました!

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:25m 水温:22℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo


  • こちらはスキンダイブで♪
    photo by RITSUKO!
  • DIVE3
    黒島仲本海岸沖 快晴 北東 2m 20m

    依然、船後ろでマンタが3個体〜4個体水面で乱舞していたのだが、マクロ仕様の

    オサムさん。

     

    マンタの乱舞を中層で見ながら、棚へ移動。

     

    マクロに没頭。

    もちろん?トトメレンズもしっかりと装備で、TG−4も出番を待つ♪

     

    メインはOM−D。。

    ホシナシイソギンチャクエビから始まり、まだまだメルヘンな色彩を放つサンゴを宿にするカンザシヤドカリをご紹介。

     

    多少のウネリを気にしながらの水深5m前後でのポジションは、なかなか苦労する。

    股で岩を挟み、体を固定しながらのスタイルだ。

     

    そんな時に限って?水面近くにはグルクマの群れ!

    大きな口を開けて、マンタと同様に、水中のプランクトンを貪っているのだ。

    かなりの数が、水面近くを行ったり来たりしていた。

     

    顎が外れるのでは?と思わせるくらいの大きな口は、見ていても迫力がある。

     

    オサムさん、時に、クマノミにはトトメレンズで至近距離撮影♪

     

    私的には、マクロ集中でも、中層や水面が気になるダイブであった。。

    年末年始は、連日、マンタ&マンタで、思わぬ「お年玉」を頂いた気がする♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:7m 水温:23℃ ログ記入者:てつ