11月19日(日)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
宮良湾インリーフ曇り 3m 10m

今年三回目の猛烈なセイコウトウテイ(´;ω;`)ウゥゥ

もう慣れました(´;ω;`)ウゥゥ

でもやっぱり気が抜けないダイビングはピリピリしちゃうんです(^^;)

 

桜口・真栄里・大浜・・・

どこも大波大ウネリ・・・。

 

ここまで来れば、とても静かになる事は分かっているのですが、

やっぱり『時化た時専用』のレッテルがはがれませんね。

 

でも、アンカーリングさえきちんとできれば、

とてもユニークで面白いポイントなのです。

 

ボート真下のオドリハゼから始まり、カスリヘビギンポ・ハタタテギンポ・フタスジリュウキュウとデバベイビーのコラボ・ドクウツボにミゾレウツボ・アオノメハタが覗き込んでいた穴の中のタコ・色とりどりのイバラカンザシ・カクレクマノミにはナデシコカクレエビ・テツさんがすっ飛んできて教えてくれたチョウチョウコショウダイの可愛い子ちゃんなどなど。

 

ウォッチングも写真も、宝さがしの様な面白さがあって、楽しかった♪

 

いつか透明度が良くて暖かくて明るい日に、

カメラを持って、どっぷりと潜りたいなぁ♪

 

 

 

 

潜水時間:60分 最大水深:6m 水温:25℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • チョウチョウコショウダイの幼魚♪
    thanks photo by MIHO!with TG−4
  • DIVE2

    宮良湾インリーフU

    曇り 3m 8m

    そんな訳で、今日は2ダイブで終了。

    浅瀬で60分をたっぷりと潜る事に♪

     

    ただ、インリーフは潮が引き始めると、濁り、そして、冷たい冷魂の層が流れて来て、

    なんと!今季最低水温を記録!

     

    21℃!!

     

    寒い〜。。

     

    これでは、45分勝負に♪変更。。

     

    ・・・して、先ずは、デバスズネダイ群れる根へ。

    この根には、デバズメダイはもちろん、テンジクダイや、ハダカハオコゼ、ネッタイミノカサゴ5匹!など、小さな根ではあるけれど、色々なバリエーションが楽しめる。

     

    また、直ぐそばには、ハナブサイソギンチャクに付くイソギンチャクエビ。

    地味なイソギンチャクであるが、エビが妙に高貴感が出るのが不思議だ。

     

    私は今日でラストdayとなったミホちゃんとマンツー。

    TG−4と、OM−Dの二刀流で、宮良湾インリーフの上記↑↑↑&下記写真↓↓↓を提供して頂いた♪

     

    今回は、その二刀流で、マクロ&マンタ三昧で楽しんでもらえたかな?

    ミホちゃんの今年潜り納めが終了。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:6m 水温:21℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo


  • ニセアカホシカクレエビ♪
    thanks×2 photo by MIHO! with OM−D+45mm×2倍ズーム+2灯ストロボ
  • DIVE3
      m

    潜水時間:分 最大水深:m 水温:26℃ ログ記入者: