9月4日(月)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富島シュリンプキャッスル 晴れ 1.5m 18m

着後ねーちゃんをお迎えしての竹富ダイブです。

リクエストはイバラカンザシ。

カンザシヤドカリではなくイバラカンザシ。

イバラが暮らすハマサンゴが少ない事もあり、

見たい!となると、なかなかいないものです。

 

ネジとヤシャは難しいからねぇ・・・でもギンガは好き♪

というねーちゃん。 ちょうど辺りにはノーダイバー。

お好きなだけ取り組んでいただきました。

 

ハダカハオコゼのアプリコットちゃんも前回と同じ場所でゆらゆら。

スカテンも好き♪なねーちゃんには、

スカシテンジクの中でひっそりと群れているクロスジスカシテンジクの塊をご紹介。

仲間間の絆が深いこの魚達、

自由に泳いでいるように見えて、しっかりと仲間とコンタクトを取り合っているのが面白いですね。

 

裏側が美しいピンク色のイソギンチャクには、

カザリイソギンチャクエビが暮らしています。

フットワークが決め手のTG−4で、

難しい被写体にも果敢にチャレンジして頂きましたよ〜♪

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:12m 水温:30℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • チョウチョウコショウダイの幼魚。前回よりも小さい約1cm!
    超ハイスピードな動きはもうこれが限界・・・
    photo by TETSUROU
  • DIVE2
    竹富島マカロンの根 南西1.5m 18m

    さあ、今日は2ダイブ限定。

     

    ナオちゃんとマンツーで、1本目にカメラ持参でゲットしていた、上記↑↑↑のチョウチョウコショウダイの幼魚を見に行く。

     

    先ずはその前に・・・

    船下のヤシャハゼ。

    最近、数を増やしているヤシャハゼ&ヒレナガネジリンボウ。

     

    1本目でヒレナガネジリンボウを見ているらしいので、ここはヤシャハゼオンリー♪

    ナオちゃん、TG-4レンタルなので、マクロモード&難しいのは動画で・・・。

     

    お次は、定番、オレンジ触手のイソギンチャク&プチクマノミ。

    ここには、1本ラインのハマクマノミと、まだ、3本ライン(やがて、1本ラインに減る)のハマクマノミがいるのだが、3本ラインのプチクマノミは、1本ラインのハマクマノミに、とうとうお宿を追い出されて、路頭に迷っている姿が悲しい。。

    私にはどうする事も出来ず・・・静かに見守るしかないのだが・・・

     

    メインのマカロンの根には、スカシテンジクダイ、ケラマハナダイ(オス&メス)の群れ、

    クロホシイシモチ、デバスズメダイが、てんこ盛りで根を覆う。

     

    そして、最後はチョウチョウコショウダイの幼魚。

    とにかくチョコチョコチョコチョコ・・・・・・・・動き回る子だ。。

    1cmの大きさで泳ぐ姿は、健気で、見ているだけで、こちらが疲れる!

    これだけ泳ぐので、さぞかしお腹がすくのか?岩や砂を啄みながら泳ぐ、泳ぐ・・・

     

    ナオちゃん、ここは動画で頼みま〜す。。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:12m 水温:30℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo



  • 私もこれを撮りたいのだが・・・先を越された。。
    photo by RITSUKO
  • DIVE3
      m m

    潜水時間:分 最大水深:m 水温:℃ ログ記入者: