9月1日(金)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富島 シュリンプキャッスル曇り北東 1.5m 15m

3ダイブで写真を392枚を撮る女子!

まぁちゃんの夏〜秋合宿です\(^o^)/

 

リクエストは『砂地でまったり』。

なので一本目はこちらへ。

 

ボート下のヒレナガネジは、大人気のようで、

潜るたびに違う目印が立ててあってなんだかおかしくなっちゃう!

 

初っ端からネジはちょっと難しいので、

すぐそばにいたダテハゼでプレ練習。

 

おでこがくっついちゃうくらいの激寄りで、体慣らしは万全です♪

 

いざネジ!

ホバーリング系のハゼとしては、やはり警戒心が強い方なので、

なかなかストロボが届く距離までは難しいものです。

 

TG−4では図鑑の様には撮れないかな?

 

凹むことなく、お次はギンガマン。

こちらはダイバーによく慣れているので、

いろんな表情を見せてくれるので、撮影そのものもとても楽しいですね。

 

待っている間にウミウシを見つけたり、お次のネタをさがしておいたり・・・と、

役割分担もバッチリです。

 

残念だったのは、最後にお見せしようと思っていたハダカハオコゼのアプリコットちゃんまで、

時間が足りなかったこと( *´艸`)(´艸`*)

 

また次回!

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:14m 水温:30℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • イソギンチャクモエビ・・・バックが綺麗です!thanks photo 
    by まぁ〜ちゃん♪
  • DIVE2
    竹富島マカロンの根 晴れ 北東 1.5m 15m

    さあ、続いて・・・TG-4で何を撮る?

     

    まぁ〜ちゃんお好きな、綺麗処のイソギンチャク&クマノミを撮りましょう。。

    ・・・と、その前に。

     

    ヒレナガネジルンボウを狙ったのならば、お次はヤシャハゼ狙いを先ず・・・。

    最初のヤシャハゼは、近寄り過ぎて?早めに引込んでしまったので、後半、別の個体を狙いましょう。。

     

    結局、船下にいた2か所の巣穴で、にじり寄り。

    どれも臆病な個体ばかりで、至近距離での激写は出来なかったが、ハゼ狙いの「にじり寄りの醍醐味」を存分に味わったようだ。。

     

    通だね!まぁちゃん?

     

    触手がオレンジ色のイソギンチャク&プチクマノミと、真っ白な白化中のイソギンチャク&赤いハマクマノミ・・・

     

    この3個体でほゞ、タイムオーバー。。

     

    まぁちゃんも、少ない被写体で「粘る派」なのが嬉しい!!

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:12m 水温:30℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo



  • シュワッチュ!・・・ホラァ〜〜
    ウルトラマンに見えてきたでしょう!?
    photo by TETSUROU
  • 竹富島ハナヒゲポイント 晴れ 北東 1.5m 15m

    ハナヒゲのメインの根には行きませんでしたが( *´艸`)(´艸`*)

    エリアとしてはコチラ♪

     

    アンカーの根の、ピンクのイソギンチャクからスタートした三本目です。

    ここのハマクマは、二本目の線がラインではなく楕円形になっているので、

    命名まる子ちゃん。

     

    たっぷり遊んで頂いた後は、リクエストのエビの二種盛りです。

    エンタクイソギンチャクにはイソギンチャクエビ×2+イソギンチャクモエビ×3がついていて、

    さて、どうやってどれを撮る??

     

    ソウイクフウのまぁちゃんなので、

    素材をご案内したら、後はご本人にお任せです♪

     

    その間に私は、ヘラジカハナヤサイサンゴをチェックチェック☆

    よさげな所にオオアカホシサンゴガニが見え隠れしていたので、

    エキジット前にライトをお貸ししてがっぷり四つしていただきました。

     

    私もまだ納得の一枚を撮っていない一品。

    うふふ♪まぁちゃん、勝負だ!

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:12m 水温:30℃ ログ記入者:りつ☆