8月30日(水)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
大崎ライオンフィッシュの根 曇り北東 1.5m 15m

洞窟も好き!深い所も好き!というヨウイチさんとミーナさん。

ダイビング合宿も後半戦ですが、

それではー32mへ行ってみよう♪と沖の根へ向かいました。

 

根を覆っていたテンジクダイは、かなり数が減っちゃいました。

ライオン軍団も大人しく羽を畳んでいます。

窪みを覗くと、スザクサラサ・ベンテンコモン・アカシマシラヒゲ・・・と、

エビ三昧。

 

密度は濃かったけれど、じっくり楽しむには深すぎるので、さらりとウォッチング。

 

インパクトが弱かったので、早めに移動を開始し、

代わりにー20mのヤマブキスズメダイを見に行きました。

 

丸いおでこちゃん。いる所にはいつもいるけれど、ポイントが限られる魚です。

 

後半はー9mの根へ。

こちらはまだまだキンギョとアカネが賑やかに群れていました。

 

南アルプスにレモンシロップをかけたら、こんな風になるのかな?

ユキヤマウミウシをゆっくり楽しんで、ユビエダ経由でエキジットでございます。

 

 

 

潜水時間:40分 最大水深:32m 水温:30℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 美しいピンク色に変色したサンゴの中に潜む、アシビロサンゴガニ♪・・・2017年度のサンゴ礁白化現象がそろそろ出始めている。耐性が付いているのか、連日30℃の水温でも、変化がないサンゴも見られるのだが・・・
    photo by RITSUKO!
  • DIVE2
    大崎アカククリの館 晴れ 北東 1.5m 15m

    ガイドは交代で、お次はアカククリの館へご案内。。

     

    その前に・・・フリーで入っていた1ダイブ目に、やや深場の砂地エリアに、ツカエイと思われる大きなエイが寝ていたので、まだ居たらラッキー♪

     

    ただ、水深が25mだったものだから、先に所在を確かめてからお連れしま〜す。。

    ・・・

    居ました。・・・やや居場所を変えていたが、砂地に構える大きなツカエイ?

    ヨウイチさんとミーナさんを20mまでお連れして、やや離れて観察。。

     

    暫くすると、ユッサユッサと鰭をバタバタさせて離脱!

    大きいので、その光景はなかなかの迫力であった。。

     

    そして、向かうはアカククリの群れ。

    中層よりもやや水底に近い場所で、約18匹の群れが微動だにせず。

    数匹が、クリーニングステーションで代わる代わるクリーニングに講じていた。

    色が変わり、もう恍惚状態のアカククリ♪

     

    あまり動かない群れなので、皆で暫しのアカククリ観察。

     

    後半は、ユビエダハマサンゴの枝上に群れていた、クロオビアトヒキテンジクダイの群れも観察。

     

    曇り空から一転、太陽が射し込む、明るい水中で楽しむ事が出来た。。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:23m 水温:30℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo



  • イソギンチャクモドキカクレエビ♪よく見ると、足でイソギンチャクを引っ張って、身を隠くそうとしているのが分かった・・・。
    photo by TETSUROU!
  • DIVE3
    名蔵湾キンダーガーデン 晴れ 北東 1.5m 10m

    一昨日はついにハマサンゴまで到達できなかったので( *´艸`)

    今日は逆側から攻めていく事にしました♪

     

    雲も厚くなり、水も濁って来ましたが、

    魚達のパワーは相変わらずです。

     

    ユビエダハマサンゴにはぎっしりとテンジクダイがつまり、

    その上空にはネオンテンジク・クロリボンスズメの大群が酸欠になりそうなくらいの密度でかたまっておりました。

     

    フタイロカエルウオはケンカをしているし。

    パラオクサビライシにはニセアカホシカクレエビが更にちびっこを増しているし。

    腕試しのカクレクマノミも、変わらずご機嫌でした。

     

    気になったのは水底の様子。

    赤茶色や深緑に見える藻類が繁殖し、

    水がかき回されていない事が良く分かります。

     

    復活してきたテーブルサンゴも、

    全体が白っぽく変わって来ました。

     

    今年はみんながんばっていたのにな。

    2017年版の白化が顕著になって来た名蔵エリアでございます。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:6m 水温:30℃ ログ記入者:りつ☆