8月27日(日)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富島ハナヒゲポイント晴れ 1.5m 20m

昨日は一日お休みをいただいたらいよんです。

 

改めて今日から5連戦&3連戦のみなさまと、島クマちゃんにもご参加いただき、遅めスタートだけどがっちり3ダイブが始まりました(=゚ω゚)ノ

 

竹富南エリアは透明度よし!

ということは、流れがあるのよねん・・・

 

少々ウネリも入っていて、

メインの根に行くまでが、いい意味でのウォーミングアップになりました♪

 

今日はロンリーハナヒゲくん。

海況が穏やかな方が、やっぱり彼らもリラックスできるのかな?

 

昨年から変わらず白化中の黄緑イソギンチャクをみていただき、

ガーデンイールはお好きなだけ、

キンメとスカテンの金と銀もご紹介。

 

ゆとりをもって戻って来た後は、

オカモトタロウの根で、最後の自由時間。

窪みを覗くと、大きなマダラハタがどっしりと座っておりました。

 

狭い窪み・・・これなら近寄れる!!

こちらの殺気を感じたのでしょう、

そりゃぁ賢いのは魚の方ですよね。

体をすとんと落として、狭い迷路をかいくぐり、

反対側から顔を出してご満悦でした。

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:29℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • この子に一発目から嵌ったぁ〜!動かず・・・クミコさん♪
    thanks photo by KUMIKO!
  • DIVE2
    竹富島マカロンの根 晴れ 1.5m 18m

    一日のお休みを頂いて、さあ、海再開♪

     

    今日から眼レフ女子のクミコさんご登場。。

    私とマンツーで、ド〜ップリと、マクロの世界に嵌る。

     

    1ダイブ3被写体を目標に、どれだけ粘れるか。。

     

    ヤシャハゼ、触手がオレンジ色のイソギンチャク&プチクマノミ、やや大き目のコブシメ・・・は・・・スルーして、オドリハゼに嵌った。。

     

    そして最後は、またまたやや大き目の別ヤシャハゼペアー。。

     

    結局、のべ被写体3個体?!

     

    で、45分を費やした。。

     

    good!

     

    さすが眼レフ女子のクミコさん♪

     

    キャノン製一眼レフカメラで、マクロ撮影はこう撮るのだよ・・・の見本であった。

     

    力が入り過ぎて?撮影の途中で、腕をグルグル回す「肩こり」解消法も心得ていた

    ・・・( *´艸`)

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:12m 水温:30℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo



  • 結構、寄らしてくれるペアー♪
    一心同体に・・・「大丈夫よ〜何もしないから。。引っ込まないでネ〜」
    ・・・と、心で優しく叫ぶのも技!
    thanks photo by KUMIKO!
  • DIVE3
    竹富島シュリンプキャッスル 晴れ 1.5m 18m

    ↑↑↑

    お次はいきなりのヒレナガネジリンボウ。

     

    船下だったので、ヤシャハゼのお次は温存のヒレナガネジリンボウ狙い。

     

    こちらは、かなり元気に中層を泳ぐ元気なペアー♪

    ドッシと、腰を据えたクミコさんの独断場か?・・・

     

    ジリジリと寄るその緊張感は、クミコさんだけではない!

    私も、その場で密かにその「臨戦態勢」を楽しみ&緊張しているのだ。

     

    いけっ!クミコ!

     

    そんな時に限って・・・ベラが巣穴を通り、巣穴にぶっ込むヒレナガネジリンボウ・・・。

    一度、警戒感を持ったヒレナガネジリンボウは、もう巣穴から金縛りのようにベタッと

    動かず。。

     

    万事休す。。

     

    表の触手はクリーム色、裏はピンク色のイソギンチャクには、クマノミの姿は無かったが、カザリイソギンチャクが1匹。

    これは美しい!・・・

    と、ご紹介するが、岩の窪みに引っ込み気味で、なかなか寄れない。。

     

    3本目は、四苦八苦なダイブであったかな?

    見ている方は、楽しかったけどネ。。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:12m 水温:30℃ ログ記入者:テツ