8月12日(土)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富ハナヒゲポイント晴れ 南東 1m 20m

風も凪ぎました! 海の上でも暑い暑い!!

水温は丁度いい28℃の竹富洋上です。

 

流れがほどほどあったので、メインのポイントまではちょっと時間が掛かりましたが、

ハナヒゲウツボもご機嫌×2、キンメモドキとスカシテンジクダイも、

金銀二色混合で、見応えがありました。

 

ゆっくりまったり過ごすには、ちょっと居心地が悪かったけれど、

帰りは流れに乗って楽ちん楽ちん☆

 

後半はオカモトタロウで過ごそうと思っていたのですが、

その直前に何やら砂地でうごめくものが(;゚Д゚)

 

がれたサンゴなのに・・・歩いてる!!

 

よくよく見たら目玉がありました。

なんじゃこりゃ?

よくよく見たら尻尾がくるんと巻いていました。

なんじゃこりゃ?

ライトを近づけたら鮮やかな扇をひろげてくれました。

 

胸鰭も進化して、爪の様になっていて、

のっしのっしと歩いてゆきます。

 

図鑑で調べたら、きっと薩摩のかさご(=゚ω゚)ノ

鮮やかな胸鰭&尻尾も和柄、見た目は砂を被ったガレにしか見えないけれど、

見事な擬態にワクワクしました♪

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:29℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 今日は一回も引っ込まず!よく寄らしてくれました♪
    thanks photo by YUJI!
  • DIVE2
    大崎ハナゴイリーフ 晴れ 1m

    15m

    竹富島を後にして、お次はユウジさんのリクエスト、久し振りにイエロージョーフィッシュが見た〜い♪

     

    やや水深が深いので、ここはユウジさんとマンツーで30mの水深へ進む。

     

    遠目からでも、周りがガレ場で、地味な地底には、彼の黄色の体躯は分かりやすい。

    まだ小さくて、ややシャイなので、時に、穴に引っ込んで、なかなか姿を見せてくれない事もあるが、今日は半身近い背伸び?で、その愛くるしい表情と大きな目で、

    我々の絶好の被写体になってくれた。

     

    私とユウジさんに挟まれるよう感じであったので、時より、クルッ!と体を一回転させて、背後の「覗き者」にも、注意を払う。

     

    少しづつ寄るユウジさん、その甲斐あって、至近距離まで(被写体まで最短約10cm)まで寄らしてくれた♪

     

    それが↑↑↑♪

     

    巣穴に気を付けて離脱。。

    ユウジさん、短期集中の充実した一時(撮影タイム)を過せたようだ♪

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:30m 水温:30℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo



  • イソギンチャクモドキカクレエビ♪寄り目でなんか笑える。。
    thanks×2  photo by YUJI!
  • DIVE3
    竹富西キンメキャッスル 晴れ 1m 15m

    お次は、またまた竹富島までUタ〜ン♪

     

    と言っても、竹富島の西側へ。

     

    浜島東のキンメの群れとは一味違う、キンメキャッスルを楽しんできた。

    パラオハマサンゴに群れるキンメモドキはもちろん、その周囲を取り巻くタイワンカマスの子供達と、グルクンの幼魚が物凄い。

    それに加えて、スカシテンジクダイも混じり、このエリアのみに、魚影が溢れている。

     

    ワイドも良し!

    マクロも良し!

     

    大きなオニダルマオコゼ、ハダカハオコゼ、小さな小さなノコギリハギのベビー、

    カクレクマノミから上記のイソギンチャクモドキカクレエビまで。。

    ↑↑↑thanks photo by YUJIさん!

    キンメモドキの群れは動画でしっかり♪♪

     

    私のチームは、ユウジさん&今日からご参加のシンジさん。

    シンジさん、足を攣りながらも(´艸`*)・・・懸命に!水中リハビリでご回復!

     

    さあ、明日も体調を整えて。。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:12m 水温:30℃ ログ記入者:テツ