7月16日(日)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
荒川砂地人口漁礁晴れ 南東 1m 18m

今日は、マンタポイントをスルーして、川平地区へ。

 

マクロ&地形が楽しい荒川へ♪

先ずは、マクロの世界へ。。

 

私のチームは、Nご夫婦(ミチハルさん&ユキコさん)&大御所!ミエコ母の3名様ファミリー。

 

目指すは人工漁礁へ。

色々な幼魚達が、この人工漁礁で育んでいるのだ。

 

下記写真の小さなニシキフウライウオのペアー?、ハナミノカサゴ(ライオンフィッシュ)の幼魚2個体、ヒラヒラと泳ぐ、極小ムスジコショウダイ(超レア〜!)、ゴマモンガラの幼魚、5mm程のノコギリハギのベビー♪、モンハナジャコの幼魚等々・・・

その人工漁礁には、ありとあらゆるキンダー達の宝庫であった。。

 

楽しいネ!

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:17m 水温:27℃ ログ記入者:てつ

☆ special one shot photo

  • 小さな、小さなニシキフウライウオ♪2個体が着かず離れず・・・
    thanks photo by MICHIHARU!
  • DIVE2
    荒川Wアーチ 晴れ 南東 1m 18m

    お次は地形を楽しみましょう!

     

    マクロの前に・・・

     

    今が旬時の洞窟内は巡って、キンメモドキとテンジクダイに「まみれ」ましょう。。

    丁度、曇り空が広がり、雨も降って来た?

    通り雨?のようだが、一時、洞窟内は暗〜くなってしまった。。

    ライトの光が煌々と照らし出されて、ナイトダイブのような一瞬も・・・

     

    洞窟内を所狭しと覆い尽すキンメモドキとテンジクダイ。

    マクロチームも見ているだけでも、幻想的な光景を楽しめたのでは?

     

    洞窟を抜けると、水面に打ち付ける雨の紋様が美しい〜。

    この光景も、長く続くと嬉しくないが・・・一時の「紋様」と「雨音」を水中で聞くのも

    「ダイバー冥利」と言うものでしょうか?

     

    それからは・・・浅瀬でマクロ三昧。

    水深5mで、ギンポやらウミウシ類やら・・・

     

    冷たい水が流れ込んで来て、私は震えていたが・・・

    26℃は寒〜い?

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:26℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo



  • 燃えるような赤!の中で生きるカンザイヤドカリ君♪
    thanks & thanks photo by MICHIHARU!
  • DIVE3
    米原アウトリーフ南 曇り 南東 1m 18m

    今日は、『30年ぶりに帰島&ダイビングも30年ぶり!』 なユタカさんとケイコさんと、

    さてさて?上手くいくかな?なリフレッシュダイビングをご一緒させて頂きました♪

     

    お二人共に、『心配〜(=゚ω゚)ノ』だけど『それよりも楽しみ〜(=゚ω゚)ノ』と、

    ポイントに着くまでの間もずっとダイビング話(^^♪

     

    呼吸も耳抜きも、あれれ〜?こんなだったっけ??と確かめながら、

    一歩一歩おさらいでございます。

     

    1本目はね♪ そう、体験ダイビング風味に( *´艸`)(´艸`*)

    でも、2本目には洞窟探検も出来ました\(^o^)/

     

    で、3本目!

    1・2本目は雨も降り、水中も薄暗かったのですが、

    浅いサンゴの丘は、曇り空でも明るく、

    魚達の色もカラフルで楽しんで頂けました。

     

    タンクに翻弄されてコロコロ転がってしまったり(^^;)

    知らないうちに浅くなってしまったり(^^;)

     

    それでも終始笑顔のお二人\(^o^)/

     

    明日もありますからね(=゚ω゚)ノ 私がご一緒しますからね(=゚ω゚)ノ

    どうぞ宜しくお願い致します\(^o^)/

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:8m 水温:27℃ ログ記入者:りつ☆