7月10日(月)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
西表島ノバル ヘドウィグコース☆晴れ 1.5m 20m

やった!場所が分からなくなっていた ヘドウィグの洞窟にたどり着けました!

そう、白いフクロウが、今にも洞窟の奥から飛んで来そうな横穴なんです。

 

入り口付近にはクビアカハゼやカエルウオもたくさんいて、

ゆっくり海を味わうには持って来いのコース(^^♪

 

瀬の上のサンゴも、確実に復活してきています。

水深15mラインでも、もりもりとしたエダサンゴや、誰もかじっていないラングドシャみたいなテーブルサンゴも、あちこちで見られます。

 

今日はオガワちゃんにお付き合いいただいて、

ポイント再発見☆の旅となりました。

 

明日もカメラを交えながら、のんびり行きたいですね。

 

 

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:15m 水温:28℃ ログ記入者:リツ☆

☆ special one shot photo

  • クローズアップレンズ練習中♪明るくて良いレンズなのだが、少しでも体が揺れると、ピントが甘くなるので、もうストレス溜まりまくり〜 by テツ
  • DIVE2
    西表島ノバル いつもコース 晴れ 1.5m 20m

    コース替えのノバル第二弾!

     

    サンゴが綺麗なので、もうゆったりと泳ぐだけで私はOK!

    サンゴの種類の豊富さは、この辺ではぴか一であろう。。

     

    今日は、やや水温が低かった?

    26℃〜27℃・・・

    オガワちゃんも2mm?スーツ着用で、やや寒いポーズで泳いでおられた。

     

    ・・・見つけたのはオガワちゃん♪

     

    何やら、フガッ!フガッと叫ぶ?オガワちゃん・・・

    ふっと、下を見ると、1m半くらいの大きなエイがクレパスの下で、お休み中。。

    どうやらツカエイらしい。。

     

    太い太い尻尾が特徴的で、やや灰色掛かった体は、地味だが、見事な体躯をしていた。

    ソッ〜と、近づくも、体を揺らして砂を振り払い、スゥ〜と離脱。

    ヒラヒラトと舞いながら、何処へ飛び立っていった。。

     

    それにしても、オガワちゃんのリングライトが明るい事、明るい事( *´艸`)

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:27℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
    西表島ノバル 晴れ 1.5m 20m

    三本目はちょこっと高那寄り。

    透明度が落ちてきてしまって、ちょっと残念でしたが、

    開拓心でゆったり回ってみました。

     

    所々でハマクマノミ。 あら!他のクマノミがいない!

    集中して写真を撮っているオガワちゃん。

    どうしよう!カメが飛んでるんですけど・・・。

    あ〜ぁ!行っちゃった! 残念!

     

    全体的には、瀬とクレバスが交互に伸びる地形で、魚がちょっと少な目でした。

     

    ボート下のエリアは、リーフに向かってより鋭い切れ込みが続いています。

     

    その中の一つに入ってみると、

    所々光も差し込み、くねくねと進むコースが面白く、

    まわりの岩にぶつからないように、足元のバラスを巻き上げないように、

    こりは中性浮力の練習に持って来い♪

     

    楽しみながら実力もついてしまう、楽しい時間でした。

     

    最後はリーフの上を安全停止を兼ねながら戻ります。

     

    終始流れを受けていたので、水温28〜27℃はちょっと冷え冷えに感じられました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:15m 水温:27℃ ログ記入者:りつ☆