7月8日(土)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
大崎ハナゴイリーフ晴れ 1.5m 18m

前回は寒〜い1月ダイビングだったコウジ先生とケンタロウさん。

真夏にお帰りでございます♪

 

やっぱり寒くないのはいいですね。

水中ものびのびストレスレスで楽しめますから♪

 

風波は当たっていましたが、おかげでポイントはほぼほぼ貸切状態のハナゴイカメコース。

そんなにきっちりはまらなくてもいいのに・・・と思うくらい、

穴の中で寝相よく眠っていたどんこちゃんに会えました。

 

むき身のNikonのケンタロウさん。

後からみて面白かったから♪ということで、今回は動画をメインでの撮影です。

 

カメラは固定で、生き物の自然な動きを切り取ったり。

右から左へ、左から右へと、パンしながら撮ってみたり。

 

少しずついろんな手法を試していただきました。

 

体慣らしもカメラ慣らしも完了!

さてさて、今が旬のポイントへ移動です♪

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:28℃ ログ記入者:リツ☆

☆ special one shot photo

  • 石崎はスルーして(^^;)・・・荒川へ♪
  • DIVE2
    荒川Wアーチ 晴れ 1.5m 18m

    さあ、今が旬のWアーチへ♪

    もっともっと増える事を期待しながら、テンジクダイ溢れる洞窟へ。。

     

    洞窟と言えども、アーチに近い「明るい広間」には、エンジクダイが溢れんばかりに、

    天井から地底までを覆い尽していた。

     

    魚達にライトを当てると、体から反射する光がとても綺麗だ。

    ライトを消すと、ブルーの怪しい(美しい)光が、群れのバックを鮮やかに浮かび上がらせる。

     

    狭いクレパスを入って行くと、そこにはキンメモドキがギュッ!ギュッ!と、狭い空間に蠢いている。

     

    群れで前が遮断され、振り向くと、既に、キンメモドキの壁で背後も遮られていた。

     

    楽しいね。。

     

    暫しの洞窟巡りを終えて、浅瀬に移動。

    浅瀬では、イスズミ、チョウハン、シマハギなどの群れ、そして、中層には、大きなバラフエダイも徘徊していた。

     

    地形を楽しみながらの1ダイブで満足♪

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:28℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo



  • TG-4むき出し+頂いた!直付けのワイドコンバージョンレンズで撮ってみました♪
  • DIVE3
    米原アウトリーフ 晴れ 1.5m 20m

    今シーズン2度目のアウトリーフです。

    北部のショップさん、お邪魔させて頂いています!

     

    今日は太陽も出ずっぱり、流れも徐々に強くなり、

    広いサンゴ畑の上を自由に泳ぎ回る魚達も上手くまとまってくれました。

     

    ホンソメワケベラにクリーニングしてもらいながらも、

    ガリガリとサンゴをかじるサザナミフグ。

     

    親指サイズのミスジチョウ・シチセンチョウ・ハナグロチョウ。


    アカネハナゴイのオスばかりの群れ。

    中堅サイズのハナゴイの若い衆の群れ。

    中層を覆っていたのは水色のデバスズメ。

    更にその上を覆っていたのはキビナゴの大群。

     

    ヨコシマクロダイも流れに向かって整然と並び、

    セジロクマノミも産みたての卵を夫婦そろって守っていました。

     

    遠いポイントで、風や流れも時にあって、

    アンカーを打つ場所も限られていて。

     

    なかなか毎日の様には来られないポイントではありますが、

    また行きたいなぁ♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:7m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆