6月25日(日)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
小浜島ノースドロップ晴れ 2m 16m

さあ、今日もOM−Dでマクロ三昧♪

 

目指すは、ピグミーシーホース♪

ゲストのシラクラさんと、私(テツ)+リツコで、イソバナ包囲網!

 

表から裏から横から・・・3人掛かりで、ライトで探す。。

 

おそらくペアーなのか?

チョイと離れた所に、2個体がしっかりと尻尾で固定。。

ユ〜ラユラと、体を揺らして擬態する姿は愛らしい♪

 

シラクラさん、OM−D60mmマクロレンズ+2倍モードで勝負!

まだ、ファインダーが無いので(液晶画面で確認)、ピントが合わせ難い!が欠点。。

 

次回までに、ファインダーを購入しましょうネ!!?

 

 

 

潜水時間:40分 最大水深:34m 水温:28℃ ログ記入者:テツ

☆ special one shot photo

  • ピグミーシーホース♪お腹がパンパン・・・ photo by RITSUKO wiz TG−4
  • DIVE2
    嘉弥真島北 晴れ 2m 18m

    二本目はこちらへ。

    風がまだまだ強いので、あら〜ポイントはボートだらけだわ!

     

    入れ替わりで好位置にアンカーリングが出来たので、

    通い慣れた道をご案内してきました。

     

    最初は穴から顔を出すイシガキカエルウオ。

    通りがかりの個体でしたが、うふふ♪オサムさん、がっぷり四つ☆

     

    その間に、マサトクマノミを確認しようとしたら、リーフの上にエンマゴチ。

    これはやはり目玉フォトでしょう♪オサムさん、がっぷり四つ☆

     

    マサトクマノミは大きくなっていましたが、

    チクビイソギンチャクに潜り込んでいただき、こちらもオサムさん、がっぷり四つ☆

     

    目的地のガレ場に到着すると、一目散にイシガキカエルウオの嘉弥真くんへご案内し、やはりがっぷり四つ☆

     

    お勧めしたかったオウゴンニジギンポのちびっこは、なかなかにはしっこく、

    断念した代わりにゴイシギンポの兄弟げんかをご紹介。

     

    帰り道にはエリグロギンポ。さらに帰り道にはヒナギンポ。

    さらに帰り道には卵付きのセジロクマノミとクマノミベイビーとアカホシカニダマシ。

     

    がっぷりしすぎて、あっという間の60分ダイブとなりました♪

     

     

     

     

    潜水時間:60分 最大水深:12m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo



  • 今日もシラクラスーパーマクロコンバージョンレンズ SMC-1をお借りして、楽しいひと時を♪
    <極小ミヤケテグリ>
    photo by TETSUROU wiz 
    OM−D
  • DIVE3
    嘉弥真島北 晴れ 南西2m 16m

    オサムdayの最終ダイブ。。

     

    上記の極小ミヤケテグリを撮ってもらいたく、再度、その場所へ行ったが・・・

    彼は何処へ。。

     

    残念ながら、この子の写真はNGだったが、最近、私が嵌っている、エダハナガササンゴに棲む、極小・・・名前不明なカニを撮って頂く。

     

    今日は4個体がそのサンゴのポリプの合間にゾワゾワと這っていた。

    1個体は、鋏にそのポリプを挟んで、キンチャクガニのようだ。

    それを振りかざして、威嚇しているようには見えないので、食している?かは・・・定かでは無い。。

     

    このカニ達は、肉眼では??全く持って、ゴミにしか見えぬ。

    ファインダーを覗けば、なんとか目?ポリプを挟んでいる??と、ようやく分かるのだ。

     

    地味なカニではあるが、スーパーマクロコンバージョンレンズを覗けば、思わず・・・

    ホォッ、ホォ〜と、唸ってしまうこと、請け合いである♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:16m 水温:28℃ ログ記入者:テツ