6月16日(金)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
大崎ハナゴイリーフ
カメコース
曇り 北東2m 18m

つるつるになった大崎エリアで、今日は3本立て!

 

先ずはゆるりとカメコースです。

 

少しボートから距離がありましたが、

ハナビラクマノミを愛で、カクレクマノミを愛で、ニセアカホシカクレエビに熱く肉薄し、

いざいざカメエリア〜\(^o^)/

 

程なく見つけたアオウミガメは、

ごくごく平らな面にはらばいになっていました。

 

三方からにじり寄りましたが、嫌な顔もせず、うとうと。

 

最後は羽ばたいて息継ぎをしに行ってしまいましたが、

穏やかに添い寝させて頂けました♪

 

折角なので、ピンクのイソギンチャクもチェック☆

チビハマクマノミも大きくなりましたが、

妖艶なピンク色は変わらず美しかったですね。

 

ふと気が付けば、もう30分オーバー。

帰り道に出会ったのが、久々ハナヒゲブラックくん\(^o^)/

 

この所、アスパラサイズの青ハナヒゲに慣れてしまっていたので、

鉛筆サイズのブラックくんがとても新鮮でした♪

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 今日は、午前中一時、晴れ間が出てくれた時間帯があったが、概ね曇り。。梅雨空続く・・・。
  • DIVE2
    大崎ハナゴイリーフ
    浅場コース
    曇り 北東2m 15m

    今日は、朝に一時だけ?晴れ間が覗く時間帯があったのだが・・・

    今日も基本・・・梅雨空であった。

    ただ、なんとか雨に見舞われる事は無かった。。

     

    カメウォッチングの後は、浅場コースへ♪

     

    曇り空の鬱憤を晴らすが如く、浅瀬の明るいコースで攻めた。

    ユビエダハマサンゴ群落を中心に、平均5m前後の水深を遊泳。

     

    さすがに、コブシメの産卵は終わっていて、メインはアカネハナゴイ、キンギョハナゴイの乱舞が主役だ。

     

    潮当たりの場所は、花火の様に中層を乱舞する、オレンジ色のアカネハナゴイのメスとオス、そして、キンギョハナダイのこれまたメスとオスが入り乱れる光景は、

    とても美しい♪

     

    ダイバーが近づくと、サッと、ユビエダハマサンゴに隠れ、また、一呼吸おいて、ゆっくりとサンゴの隙間からオレンジ色の「花」が飛び立つのだ。

     

    いつまでも見ていたい光景である。

     

    今日で2日目タカイチさんと、今日でラストのマリコさん。

    お二人供、ゆっくりとマイペースで、その光景に見入っていたようである。。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:8m 水温:28℃ ログ記入者:てつ

    ☆ special one shot photo



  • まあこんな日は、イボハタゴイソギンチャクを探って、ホシナシイソギンチャクエビに宿る卵に見入るベシV♪
  • DIVE3
    大崎アカククリの館 曇り北東2m 13m

    マリコさんのラストダイブは、マンツーマンでアカククリ!

    どんよりとした水中でしたが、

    目印のハマサンゴの存在感が、逆に増して見えた気がします。

     

    今日は傘の下はあまり人気がなく、

    アカククリ達は自由に中層で浮かんでおりました。

    それでも総数27匹!

     

    白い体と、ピンとのびた黒い鰭。

    下から見上げるユニークな形を楽しめました。

     

    がらりと趣向を変えて、再び傘の下へ。

    オレンジの水玉がとてもかわいいハタタテシノビハゼと、

    働き者の双子のエビ達をじっくりとウォッチング。

     

    ハゼのヒレの動きで、緊張感が分かるのが面白かったですね。

     

    最後は長めに自由時間。

    ライトをお貸しして、お好きな所でお好きなだけ、遊んで頂きました♪

     

    これでマリコさん、49ダイブ目!

    いよいよ次なるステージですね♪

    また是非遊びにいらしてくださいね〜\(^o^)/

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:15m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆