6月7日(水)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
嘉弥真島北晴れ 1.5m 18m

風はしっかり南で安定、フードなしで潜れて、昼休みはスノーケリングも楽しめて、

これはもう夏ですね。

嘉弥真北のサンゴも、順調な復活です。

まだサネラーシャワーには時期が早かったけれど、スズメダイたちの数は増えてきました。

沖の瀬をのんびり回った後は、いざ洞窟探検。

入り口のプールでは、でっぷり太ったサザナミフグがよっこらしょっとクリーニング。

洞窟内のアカマツカサは、かなりの大きさにサイズアップしていました。

浜崎の奥さんも、警戒しながらもちょいちょい顔を出してくれました。

帰りがけのセジロの親分家には、極小のちびセジがいて、私たちは翻弄されながらも、その愛らしさを楽しみました。

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:10m 水温:27℃ ログ記入者:リツ☆

☆ special one shot photo

  • 梅雨明けた??
  • DIVE2
    西表島ノバル

    晴れ 1.5m 18m

    ↑この空と雲は、梅雨明けを感じさせた!?

     

    風も南より。。

     

    陸にいれば、暑さでウダル身体も、やはり「海」はなんて心地良いのだろう!!

    久し振りの海なので、その心地良さに、休憩中も、私はズゥ〜と、海に浸かっていた

    ・・・・・

     

    さて、今日からトモエさん&シュウさんがご登場。

     

    水面からだと、かなり透明度が落ちていたような気がしたが、水中は、マズマズの透明度。

     

    このエリアはサンゴも上等で、まったりと夏気分で水中を楽しんだ♪

     

    予告通り、カメも登場!

    小さい個体であったが、2個体と遭遇。

    やはりカメとの遭遇率の高いエリアである。

     

    小物では、クロナマコに住まう、ウミウシカクレエビ、ラピートのような大きなカクレエビの仲間2個体。

     

    地形、サンゴ、小物にカメエリア・・・

    まったりと楽しむにはgood!なぽポイントである。。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:15m 水温:27℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo

  • なんてエロイ(綺麗ネ〜)んだろう!撮っててつぶやく私・・・by テツ
    ( *´艸`)
  • DIVE3
    小浜島ノースドロップ 晴れ 1.5m 15m

    小浜に戻って3本目。
    アンカーリング直後には、船の回りにマンタが3びき浮いていて、
    水中でも期待して入りました。

    楽しめたのはイソマグロの三兄弟・グルクンクリーニング・起こしちゃったカメ・セジカクレハマクマクマの皆様・ノコギリダイは是非と動画でお勧めしてみました。

    結局マンタもあれっきりでしたが、
    プランクトンも豊かな海域で、魚影の濃くなった夏の海を楽しみました。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:10m 水温:27℃ ログ記入者:リツ☆