5月20日(土)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
大崎ライオンフィッシュの根 しとしと雨 2m 15m

梅雨らしい生憎の空に戻った本日。

今日は、一日中、小雨に見舞われた。

ショウガナイデスネ。。ツユデスカラ・・・

 

さて、テツチームは、今日でラストのHご夫婦(ヒデクン&ヒロちゃん)と、北海道から

Yご夫婦(K2さん&アヤさん)の4名様チーム♪

 

皆様、エンリッチドエアーで、30mの世界へ誘う。

浅場は、やや濁っていたが、水深を下げてゆくと、徐々に、青さが増したようだ。

雨模様だったので、水中はやや薄暗くて、移動中、ライトも登場。。

 

沖の根には、大中小約10匹程のハナミノカサゴ(ライオンフィッシュ)を確認。

艶やかに、根の上へ出ている個体もあれば、根の奥に潜む個体も。。

 

ここで既にエアー設定のダイコンは減圧を促す音が鳴り始める。

・・・結局、エアー設定では、最大3m9分!のDECOタイムを表示。

エンリッチドエアー設定は、まだ行ける!後、15分もOK!

 

もちろん、残圧には注意して、余裕の30m水深であった。

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:30m 水温:27℃ ログ記入者:てつ☆

☆ special one shot photo

  • 今日は梅雨らしく・・・一日中、小雨に見舞われた。。
  • DIVE2
    大崎ハナゴイリーフ

    しとしと雨2m 15m

    石垣島で新生活☆を始められたNご家族のらいおん潜り初めでございます\(^o^)/

    生憎の雨・・・。

    でも、それぞれにカメラを片手に、楽しみにお越し下さいました。

    そろそろ終わりのコブシメウォッチング。

    今日はメインのユビエダ近くにボートをとめられたので、

    前半20分!たっぷりコブシメを楽しむ事が出来ました。

    極浅い水深なので、晴れていなくても明るく、

    コブシメの色の変化もじっくりみる事ができました。

    折角なので、浅場コースもめぐります。

    チクビイソギンチャクのイソギンチャクモエビや、

    クラカオスズメとその卵・ガラスハゼにもチャレンジ、

    ライトを当てると鮮やかなピンク色が楽しめるイソギンチャクなど、

    浅場コースのメインディッシュも織り交ぜながらの後半戦となりました♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:6m 水温:26℃ ログ記入者:リツ☆

    ☆ special one shot photo



  • なんの卵?ロクセンスズメダイの卵です♪
    thanks photo by HIROクン!
  • DIVE3
    名蔵湾フラワーフィールド しとしと雨2m 13m

    ヒデくんヒロちゃんはラストダイブ☆

    カメラが面白くなったきっかけのエンマゴチにも再会できたそうで、

    またまた目玉写真にトライできましたね。

     

    リツチームはサンゴ畑を中心に、ゆったりとまわりました。

    モンツキスズメが圧倒的に数を増し、辺りを席巻!

     

    浅場側から見ると、色鮮やかなブルーの魚が沢山集まって来ました。

     

    デバスズメ?いえいえ、アオバスズメ\(^o^)/

     

    デバよりもきれいな蛍光ブルーのそばかすが美しい魚です。

     

    今日は更に婚姻色を身にまとい、

    盛んにメスに『俺ってかっこいいだろ?ここに卵を産んでおくれよ』とアピール。

     

    何度も身を翻し、オスの中でもきっと一番人気の個体の周りに数匹のメスが集まり、

    おなかの産卵管を岩に擦り付けて、めでたく産卵☆をしていました。

     

    婚姻色の美しさは、どの魚にも言える事ですが、

    アオバの場合、黄色・黄緑(いずれも蛍光の!)のまだら模様になり、

    とても目を引く色合いになっていました。

     

    ハナヤサイサンゴでは、フタスジリュウキュウスズメのちびっこが大発生\(^o^)/

    2〜3mmのちびっこから2センチクラスまで、

    大小取り混ぜてちっちかちっちかワルツなリズムで餌を捕食\(^o^)/

     

    ありふれた魚ですが、今しか見られない光景です。

    とっても素敵な、いい季節です(=゚ω゚)ノ

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:10m 水温:27℃ ログ記入者:りつ☆