4月30日(日)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
小浜島ノースドロップ 晴れ 南東 1.5m 16m

さあ、今日も初夏の陽気で、最高気温も26℃まで上昇。

海上は、日差しは強くも、丁度良い、体感温度であった。

 

本日からN島ご夫婦(ミチハルさん&ユキコさん)ご来島♪

今日まではお二人のみ!余裕の「プテロイス号」なので、丁度、南東よりの風で、

小浜島北側まで。。

 

もちろん、リクエストはピグミーシーホース♪

 

ただ、久し振りだったので、居る?居ない??の、ドキドキエントリーから。。

 

MAXは34m。

エンリッチドエアーなので、水深的にはOK!本来は、酸素32%濃度なのだが、

今日は、1本目のみ、酸素濃度28%でトライ。

 

通常のエアータンクよりも酸素濃度が高いと、やはり気分的に「楽」だ。

余分なストレスが掛からないのが良い♪

 

で、・・・途中、マンタが登場!

スイスイと眼前を通過して、コバンザメが路頭に迷ってのか?最後まで、我々の周りをグルグル♪

 

ホワイトチップも何度か登場も・・・ピグミー集中の為、我々は動じない。。

 

イソバナの両面から3名で攻める♪

そして、2匹のピグミーをゲット。

 

程よく1匹、1匹が離れてくれていたので、1人1匹ずつ。。

 

減圧もあまり気にせず、じっくりと粘れた。

エンリッチドエアーのお陰かな?

 

 

潜水時間:45分 最大水深:34m 水温:25℃ ログ記入者:テツ

☆ special one shot photo

  • ピグミーちゃん♪
    thanks photo by
    MICHIHARU!
  • DIVE2
    西表島ヨナラノースインリーフ 晴れ 南東 1.5m 16m

    夏のポイントが続きます。

    昨年の白化で多大なダメージをこうむったこのポイントですが、

    1つ1つのサンゴ達の色合いが確実に増している!!

     

    西表らしい縁取りがより色鮮やかなミドリイシ(テーブルサンゴ)も目立ち、

    アオサンゴの群落もがっしりとしていました。

     

    西表島に上陸気分☆になれるリーフの奥には、

    テーブルサンゴがあった場所にはテーブルが、

    エダサンゴが密集していた場所にはエダサンゴが、

    それぞれの次世代が確実に育ってきていました。

     

    以前の素晴らしいサンゴ礁に戻れそうな手ごたえが感じられます。

    この夏の成長ぶりが、今から楽しみですね。

     

     

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:6m 水温:25℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo

  • 夏のポイントへ♪
  • DIVE3
    西表島野原 晴れ 北東 1.5m 15m

    さぁ、こちらはどうかしら?

    いつもの場所にエントリーすると、

    更にサンゴの復活が目について嬉しかった〜\(^o^)/

     

    エダサンゴのモリモリとした群落は、

    なんだかとても久し振りに見た気がします。

    ボリューム的にはまだまだですが、

    これなら確実に元通りのおやまもりサンゴに戻るはず〜\(^o^)/

     

    3本目にしては少し深めの15mダイビングでしたが、

    ミゾレウミウシ・ナデシコカクレエビ・アオベニハゼ・キイロウミウシなど、

    小さくとも色とりどりの被写体と向き合う事ができました。

     

    マクロ派だけでなく、のんびり浮遊タイプの方にも楽しんで頂けるはず♪

     

    この夏はまた頻繁に訪れる予感です。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:15m 水温:25℃ ログ記入者:りつ☆