4月23日(日)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
大崎ハナゴイリーフ 深場巡り曇り 北東1.5m 16m

マイちゃんが遊びに来て下さったので♪

GW前に今日は海行き(^o^)/


ククル船に乗せて頂き、大崎を目指します。

 

ハナゴイリーフはもう『庭!』なくらい潜って頂いているマイちゃんなので、

『カメもコブシメも狙わない普段は行かないコース』を回ってみました。

 

テツさんの黄色いジョー☆方面へ向かったのですが、

その途中も色々ユニークな生き物が登場♪

 

目玉にレースのカーテンを掛けたようなエンマゴチ。

ビラビラと美しいウコンハネガイ。

狙っていないのに大きなコブシメ。

 

いよいよ深場へと斜面を降りて行きましたが、

時間をかけての潜降となったので、

あまり長くイエローくんを探せず、

かわりにぐりぐり目玉のリングアイジョーをじっくりとウォッチング。

 

ややっ!マイちゃんいつの間にかじっくりフォト派ダイバーになってるし!

 

それならそれなら♪ 小さなベニハゼもじゃんじゃんご紹介。

季節を感じたのは、星砂の赤ちゃんが大発生していた事♪

冬が去って夏が来る! 巡り巡る季節と、来る夏への憧れを目の当たりにして嬉しかったなぁ(^^♪

 

行動半径も広がって、なかなかに楽しめた一本目でした。

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:28m 水温:24℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 昨日は荒れたお天気でしたが、っ今日は終日明るく晴れてくれました♪
  • DIVE2
    大崎ハナゴイリーフ 浅場コース 曇り 北東 1.5m 16m

    次はエビシリーズがいいな♪ と言う事で、あまりダイバーにも出会わずに済むエリアへ向かいました。

    水深は深くないけれど、明るい砂地とゴロゴロ岩を巡ります。

     

    以前数匹エビが付いていたムチカラマツは、

    今日は大小ガラスハゼのお家になっていました。

     

    マーガレットみたいな触手を伸ばす八方サンゴにも、

    前いたエビの姿を見つけられず、残念!

     

    このままではエビ無しダイブになってしまうではないか!

    そんな私の救世主は、コマチコシオリエビ(^o^)/

    写真に収めるのはちょっと難しい相手ですが、とりあえずはゲットして頂きました。

     

    締めくくりはとっておきのチクビイソギンチャク&イソギンチャクモエビ3兄弟。

    奥まった場所の奥まったイソギンチャクの中心部にいる3兄弟なので、

    これまた中々にライティングが難しいのですが、

    むき身のNikonのマクロモードで果敢に攻めるマイちゃん、

    おおっ!と目を見張る写真も幾つか収めていましたね。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:11m 水温:24℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo




  • DIVE3
    大崎アカククリの館 晴れ北東 1.5m 16m

     

    三本目はこちらへ。

    今日のアカククリ達は中層に綺麗に浮かんでいました。

    白い砂地と水色の背景に浮かぶ白いアカククリ。

    絵になりますね♪

     

    折角なのでここは動画モードにもチャレンジをオススメ。

    群れに向かって、出ました〜リツロケット☆彡

    群れに近づく事で、魚達の動きを作り、それを流し撮りで撮る!

     

    映画監督の気分で、絵コンテまで頭に浮かべて撮ると、

    楽しい楽しい♪

     

    イソバナの暖簾越しのオシャレカクレエビや、

    オレンジの水玉が実はとてもかわいいハタタテシノビハゼや、

    赤い目玉と背鰭が色鮮やかなヒレフリサンカクハゼや、

    大きくなるとみんな卒業しちゃうけど、必ず次のちびっこが棲みついてくれる緑のイソギンチャクや、

    初夏の訪れを告げるアマミスズメのちびっこたちや、

    そんなに派手な色に変わらなくても・・・と同情しちゃうナミスズメの婚姻色など、

     

    間違いなく冬の石垣島より生き物がわさわさわさ〜と数も種類も増えてきたような気がした1日でした♪

     

    GWが楽しみなのだ〜\(^o^)/

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:15m 水温:24℃ ログ記入者:りつ☆