3月11(土)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
大崎ライオンフィッシュの根 晴れ 北東 2.5m 10m→18m

昨日降り続いた大雨。 観音堂の沖合は、朝早くから茶色く染まっておりました。

長く強く吹き続けた南寄りの風は北東に変わりましたが、

変わらず強く吹いています。

 

マンタに会いたいのに、石崎には行かれず、

黒島方面も南からのウネリが残っていて行かれず。

 

透明度の悪さを覚悟して、大崎・名蔵方面へ向かいます。

昨日潜らなかったライオンの根。

浅場は10mを切る透明度でしたが、

沖合は軽やかに青く染まっておりました。

 

透明度の境目となる10〜12mラインを進み、いつもの賑やかな根へ向かいます。

3日目となったルイくんツアーの皆様も、

中性浮力のコントロールもばっちり取れるようになり、

実は難しい斜面の移動もゆったり楽しみながら泳いで頂けました。

 

TG-4のコウスケさんには、

マクロモード・顕微鏡ズーム・イルカモードからのそれぞれの動画などなど、

登場人物に合わせて、いろんなリクエストをさせて頂きました(=゚ω゚)ノ

 

でた! 矢継ぎ早! スパルタン☆りつ(=゚ω゚)ノ うひゃひゃ( *´艸`)

 

お願いしたオーダーに、直ぐに対応して激写激写のコウスケさん。

迷彩色のハダカハオコゼは正面からシンメトリーに撮れたかしら?

 

ムチカラマツに付くガラスハゼは、皆さんもう自分で探せるようになりました。

キラキラした卵も、生命力を感じさせてくれますね。

 

エキジット間際には、一緒のボートだったマサトくんが大きな大きなコブシメを教えてくれました。

3日越しのコブシメウォッチング!

ばっちりのチームワークで、コブシメもこまっちゃぅ〜くらいに囲む囲む( *´艸`)(´艸`*)

楽しい安全停止となりました♪

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:16m 水温:23℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 午前中は待望の太陽!♪
  • DIVE2
    名蔵湾キンダーガーデン 曇り 北東

    2.5m 18m

    ハナゴイリーフが混み合っていたので、これまた透明度覚悟でやって来たキンダーでしたが、

    れれれ?大雨前と変わらず結構きれいな水\(^o^)/

    浅目の水深なので、呼吸での浮力コントロールをメインにしましょう♪のアドバイスで、みなさん上手にふんわり♪

     

    ハマクマ城は、どうやらイソギンチャクが少々弱って来たのか、

    半分ほどの数に減ってしまいました。

    季節的にクマノミも少ないのかもしれませんが、ちょっと寂しかったな。

    もう暫くは様子を見守っていきたいですね。

     

    TG−4を俄然使いこなしてきたコウスケさん。

    顕微鏡モードだと、知らず知らずのうちに被写体周りのサンゴやヤギに触ってしまう事があるので、

    ウミシダに付くカクレエビをご紹介した時は、『マクロモードで!』とお伝えしてみました。

     

    顕微鏡モードよりも距離を置いて撮影するマクロモードではあるのですが( *´艸`)

    熱中しちゃうとね♪ どんどん近くに行っちゃうのよね♪

     

    結果、ウミシダに手が触れてしまい、

    結果、ウミシダの触手がくるりと回り、

    結果、黄色いらせん階段のような背景に、ぴったりなエビの写真が撮れちゃいました\(^o^)/

     

    ダメージを与える事は良くない事ではあるけれど、

    写真としてはとても面白くバランスもとれていていいものになりましたね。

    やっぱり最後は撮る人のセンスなんだな・・・。

    勉強になります\(^o^)/

     

     

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:7m 水温:23℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo



  • 初めて? いえ超久し振り♪ 
    ゼブラウツボくん 登場です(=゚ω゚)ノPhoto by コウスケさん
  • DIVE3
    名蔵湾フラワーフィールド 曇り 北東 2.5m 10m

     

    初日が冷たかったから。

    2日目は大雨だったから。

    若干水温が高めで(それでも23℃!)、晴れ間も出てくれて、

    お弁当も忘れずに持っていけて(ここ!大事!)、

    皆さんの笑顔もどんどん増えてきて、

    『寒くなぁ〜い\(^o^)/』(ホント??)

     

    ラストダイブはフラフィです。

    まじりあってしまった名蔵湾の水は、平均して濁ってきてしまいました。

    オーバーハングではアカククリやハタタテダイ&オニハタタテダイのいとこ4人組♪

     

    ライトアップが楽しくなって来たツゲさんとビデオのナオコさんは、

    仲良く窪みを照らしています。

     

    ドロップ沿いに進んで行くと、80%くらいがれてしまったユビエダ群落がありました。

    魚達は変わらず元気に群れています。

    生き残ったサンゴを見ると、そう、きっと大丈夫!

    規模は小さくても、つやつや生き生き伸び盛りの個体もありました!

    これならきっと、夏頃にはもう少し被度も上がるはず!

     

    棚の上に上がり、カクレクマノミに挨拶していると、

    コウスケさんが見慣れないウツボを発見☆

     

    ややっ!この子だれだっけ?

    ベースはこげ茶、細い白線が尻尾のほうまでリング状に続いている・・・。

    何かに似ている! そうだ! オレオだ!!

    オレオをずらりと並べたようなウツボ!

    ミナサマオワカリカ??

     

    エキジット直前に思い出しました!ゼブラウツボだ〜\(^o^)/

    ひしゃげたお鼻が中々に愛らしいウツボでした♪

    また会いたいなぁ♪

     

     

    潜水時間:55分 最大水深:14m 水温:23℃ ログ記入者:りつ☆