8月17日(水)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence

大崎 ハナゴイリーフ

晴れ

南西

1.5m

13m

今日は、大気の状態がやや不安定で、朝から、空は雲の割合が大半を〆ていた。

そして、スコールのように、雨が南から北へと流れる様子が、頻繁に見られた。

 

海況は、朝は凪いでいたが、雨が通過すると、俄かに風もやや強めに吹き始めた。

 

さて、私のチームは、マツジロウさん&テルちゃんご夫婦と、約一週間ぶりに登場のオガワちゃん♪

 

残念ながら、朝のカメさんを狙うが、寝床を離れたらしく、丁度、不在中に当たってしまった。。

 

蛍光ピンクに変色したイソギンチャクや、真っ白に白化した、今が「旬の時期」と、

イソギンチャクに憂いの気持ちで接しながら、その美しさに見入る。

 

やや成長したイロブダイの幼魚が、いつもの場所で健気に餌を啄む。

臆病のハズのオドリハゼが、至近距離まで近づいても、オ・ド・リを披露してくれる。

 

もう既に、産卵場所と決め込んでいる?小さなコブシメも、岩で得意の擬態で、我々を欺く。・・・

 

透明度は悪かったが、ハナゴイリーフならではの、豊富な生物層が、今日も我々を

楽しませてくれた。。

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:30℃ ログ記入者:テツ

☆ special one shot photo

  • DIVE2
    名蔵湾 フラワーフィールド
    晴れ 南西

    1.5m

    10m

    雨と共に風が強くなって来たので、

    名蔵湾にお引越しです。

    透明度は徐々に落ちて来ましたが、

    お目当てのオオモンちゃんも健在で、ゆるりとした時間を過ごすことができました。

    真っ黒オオモンちゃん。

    体験ダイビングのMさんと潜っていたシナチームは、

    あんぐりと口を開けてスズメダイをぱくっと頂きぃ〜☆な、

    ランチシーンも目撃したそうな(=゚ω゚)ノ

    ドロップ沿いも、サンゴ畑も、

    テンジクダイたちが更に数を増してきているような気がします。

    ただ、白化が進むサンゴも増え、

    こんもりと茂っているユビエダハマサンゴにも、そろそろ魔の手が迫ってきているような気がします。

    水温は相変わらずぬるい30℃。

    長い目で見れば、これも一つのサイクルなのかもしれませんが、

    オニヒトデの時と同様に、ただ見守るしかない事が歯がゆいですね。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:10m 水温:30℃ ログ記入者:リツ☆

    ☆ special one shot photo

  • オオモンカエルアンコウ♪エスカ(疑似餌)を振り回す姿は、なかなかお目に掛かれないが、今日は、パクリッ!と、エスカを使って、スズメダイを食した瞬間を目撃したチームがあったそうな・・・♪
  • DIVE3
    石崎マンタスクランブル 晴れ 南西

    1.5m

    18m

    えぇっ?三本目に??名蔵から???

     

    という石崎ダイブとなりました(=゚ω゚)ノ

     

    南西寄りの風が強く、名蔵湾近辺はどこも波で揺られておりました。

    マンタリクエストがあったこともあり、

    いざゆかん〜石崎へ〜\(^o^)/

     

    シティは相変わらず待ち船もちらほら。

    いつものスクランブルに運を任せてエントリー。

     

    カメのソフトコーラルからハナゴイの根で粘っていると、

    あら〜\(^o^)/ テツさんが呼んでる〜\(^o^)/

     

    ありがとう、テツさん♪

    小さめの元気なマンタがコバンザメを引き連れてやって来ました( *´艸`)

     

    ハナゴイの根でくるりと回って去って行きましたが、

    とりあえずみんなしっかり見る事が出来て良かった♪

     

    三本目なので、体の負担を減らすべく、

    ゆとりをもってボートに戻る途中、

    あら〜\(^o^)/ テツさんがまた呼んでる〜\(^o^)/

     

    今度は背中側にも白い色を刷いた大きなマンタが、

    テツチームとリツチームの間をゆるりと通過☆

     

    ありがとう、テツさん♪

    みんな頑張って潜った甲斐がありました♪

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:31℃ ログ記入者:リツ☆