8月13日(土)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence

西表島ノバル

曇り

西

1.5m

20m

今日も風が弱かったものの、風向きが良く変わった一日であった。

西→南西→南東→北・・・と、船の固定は、アンカー三点掛けの常套手段で。。

 

今日の西表島海域、午前中は、なかなかの透明度。

曇り空だったので、やや薄暗く感じられたが・・・。

 

私のチームは、ハヤシさん♪、シンジさん、月一の男シラクラさん、ライオン初のオオドさん、今日で最終日フジオカさん+のカイト&リュウシの7名様。

 

マクロチームは、リツチームに任せて、私のチームは、地形&サンゴ&浮遊快感!で楽しむ。

 

こちらのサンゴは白化がやはり進んでいるものの、外洋に面している為か、

やや深場のサンゴ礁も含めて、まだまだ、健全なサンゴも存在している。

 

大きなアザミサンゴは、白い「雪山」のように白くて、その白さは、青い海に異様な存在感を示していた。

 

カメの遭遇率が高いここは、今日も1匹が登場♪

 

大きなテーブル状のサンゴは、まだまだ、本来の色を保ち、水色に変色した枝状のサンゴ礁が、怪しい光を放っているようだ。

 

水温は30.5℃・・・

この水温がMAXと願いたい。。

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:18m 水温:31℃ ログ記入者:テツ

☆ special one shot photo

  • DIVE2
    西表島座礁船前
    曇り 南東

    1.5m

    25m

    透明度が上がりました\(^o^)/
    遠くまで来た甲斐がありますね。

    リーフの奥の方まで、
    青い世界が広がりました。

    2本目のチーム分けは、
    ワイド一眼・マクロ一眼・TG-4・カメラなし☆と、
    全員集合(^_^;)

    でもチームワークがいいから、大丈夫なんです(^ω^)

    穏やかだったので、リーフの上までいってみました。

    堅い岩盤の上には、手のひらサイズのテーブルサンゴごそだっているのですが、
    それらが白化してパステルピンクに黄色にオレンジに…と、
    色を変えておりました!

    一番高い水温にさらされているこの場所が、
    一番きびしい環境なのでしょう。

    立ち枯れてしまう前に、
    家出した褐虫藻が戻ってくるといいのですが。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:14m 水温:30℃ ログ記入者:リツ☆

    ☆ special one shot photo

  • ゴイシギンポは意外とおしゃれ?
    シャイな子達が多いけれど、「口紅」だけは大胆に♪
  • DIVE3
    西表島ヨナラノースインリーフ 晴れ

    1.5m

    15m

    ラストは最大水深5m!
    平均水深2m!

    リーフギリギリまで行くと、斜面の上等サンゴに出会えます。

    タマガシラやブダイ、アカヒメジなどがゆるりと過ごす、庭のような空間。
    (あ!水中でしたね(^ω^))

    ご紹介したのはカスリフサカサゴやセダカギンポ・赤い口紅を塗ったゴイシギンポなど。

    あまりお構いできませんでしたが、
    逆に皆さんのんびり過ごす時間が貴重だったようです(*^^*)

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:5m 水温:31℃ ログ記入者:リツ☆