8月10日(水)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence

大崎ライオンフィッシュの根

曇り

北東

1.5m

20m

ベタベタの海況も、空はグレーの雨雲が多く支配して、午後からは一層、厚い雲が一面に広がってしまった。。

 

そんなグレーな気持ちを吹き飛ばしましょうネ。。と、比較的透明度が戻った、大崎エリアでスタート♪

 

私のチームは、オガワちゃん&私と同年代のサコさんの2名様。

 

沖の根へまっしぐら。。

曇り空なので、水中はやや暗いが、ブルー!なのは確かだ。

白い砂地を渡り、水深32mの沖の根へ到達。

 

夏バージョンで、キンメモドキ、スカシテンジクダイのてんこ盛り♪

ギュッ!ギュッ!と、キンメモドキが岩穴へ逃げ込む時の音が聞こえてくる。

中層には、グルクンの幼魚が、形を変える白雲のように、造形美を作りだす。

 

主役のライオンフィッシュは・・・ざっと数えて・・・20匹。

根に這いつくばるお休み中の個体も入れると・・・30匹を超えるだろう。

 

長くは留まる事が出来ぬが、透明度が良かったので、エキサイティングなひと時を

過ごす事が出来た♪

 

 

 

潜水時間:35分 最大水深:31m 水温:31℃ ログ記入者:テツ

☆ special one shot photo

  • 今日も海は穏やかであったが、午後から一面雲に覆われて、雨にも降られた。
  • DIVE2
    名蔵湾フラワーフィールド 晴れ

    1.5m

    20m

    あやしい雲行きの一日でしたが、

    エントリー時は少し晴れ間が出てくれました。

     

    今日はフクさんとマンツーマン☆

    さぁ、何をお見せできるかしら?

     

    予告をしたオイランヨウジは、あら!フクさん別の所で自力で発見\(^o^)/

    これ、見た事あるかしら?とクイズをしたヌノサラシもハシナガウバウオもご存じだったフクさんです(*´з`)

     

    赤い海面の上に乗ったチゴベニハゼは、私からのリクエスト。

    うん♪予想どおり赤on赤で、ちょっとくどいかな(´艸`*)( *´艸`)

     

    白くなったナガレハナサンゴには透ける体に青色が美しいニセアカホシカクレエビを。

     

    没頭されていたカクレクマノミの後に、インドカエルウオをお見せしようと、

    『君君、そこを動くなよ!』とインドに話しかけながら待っていたのですが、

    結局カクレで時間ぎれ&投〜了〜( ;∀;)

     

    いいんです♪

    また次の機会にインディをご案内いたします♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:10m 水温:30℃ ログ記入者:リツ☆

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
    大崎アカククリの館 曇り 南東

    1.5m

    15m

    ラストダイブはこちらです。

    雨雲接近(;゚Д゚)の空模様で、

    アンカーリングは前後左右の4本打ち!

    船に上がる事には見事に逆風になっておりました( ;∀;)

     

    そんな水面ですが、水中は穏やかな世界でした。

     

    緑のイソギンチャクのハマクマベイビーからスタートして、

    5mmクラスのヒレフリサンカクハゼを。

    シライトウミウシで気分転換をしていただき、

    傘の下に入って、『おねがい!撮ってね♪』のスミレヤッコ兄弟をご紹介しました。

     

    なんと♪3匹もいたのね♪

    一番ちっちゃいのが、やはり色が濃くて美しかったなぁ・・・。

     

    もう一ネタ!と思っていたのですが、

    早めに船の下に戻って遊んだほうが安心なので、

    浅目の水深をキープしながらボートへ。

     

    集中力のフクさん。

    マイカメラも使いこなして、さすがでございました♪

     

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:31℃ ログ記入者:リツ☆