8月6日(土)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence

名蔵湾アカククリの根

晴れ

北東

1.5m

13m

キャノン一眼を引っ提げて、フクさんご登場♪

 

リクエストは「モエギハゼ♪」

・・・と来れば、久し振りに深場へGO!

 

34mを越えるので、ここは安全に、エンリッチタンクを替えて、通常のエアーを吸いまくる。。

 

だが、あまりにも深場は透明度が悪く、ご紹介するのも至難の業。。

フクさん、モエギハゼは、今回で2回目のトライ。

「もう少し寄って、クリアーに撮りたい。。」のリクエストだったので、こちらも必死に探す。

 

透明度が悪い中、1個体を見つけるも、フクさん勘違いで、近くのアオハチハゼを激写!?・・・してる。。

 

・・・アレレレレ。

 

ヤノウキホシハゼが沢山いるも、時間制限いっぱいでタイムアウト。。

 

また、次回ネ・・・。

 

・・・36m越えてるし・・・

 

 

 

潜水時間:40分 最大水深:36m 水温:31℃ ログ記入者:テツ

☆ special one shot photo

  • 日に日に白さが増すサンゴ達。。被写体的には美しいが、ピンク色から白色に色が抜けて、もうスノーな景色に。。
  • DIVE2
    名蔵湾ハイパーコモンの根 晴れ 北東

    1.5m

    15m

    お次は、近くのハイパーコモンの根へ。

     

    メインは、ハイパーなシコロサンゴが目的ではなく、その周りのサンゴ&小物達。。

     

    メルヘンな世界へ「誘う」為の入門編です?

    1本目は、地味&深い&暗い・・・マニアな世界だったとしたら、お次は、浅くて「オトメッチック」な世界をご紹介。

     

    ・・・船下で40分動かず。デシタ。。

     

    ますます水温の上昇で、サンゴの褐虫藻が抜けて、白い個体が多くなって来た。

    ブルー(実際はピンク系の色)が更に薄くなり、白に近い水色に。。

     

    そんな中、色鮮やかな「カンザシヤドカリ」の棲家を幾つか・・・ご紹介。

    ガッツリとフクさん。

    1被写体にじっくりと時間を費やす「妙」は、見ていて、気持ちが良い。。

     

    綺麗処のアカメハゼ、ピンク色のサンゴの穴へ潜むイシガキカエルウオ。

    ハイパーコモンシコロサンゴ近くの、ホワイト&ブルーのツマリシライトイソギンチャクと、クマノミ&ナデシコカクレエビ。。

     

    ハイパーコモンシコロサンゴには到着セズ。。

     

     

     

    潜水時間:55分 最大水深:8m 水温:31℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
     

    m

    m

    潜水時間:分 最大水深:m 水温:℃ ログ記入者: