7月31日(日)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence

石崎マンタスクランブル

晴れ

1m

20m

7月はあまり芳しくなかった。。

 

ヤヨイママとマンツーも・・・2連敗。。

 

残念、無念。。。

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:14m 水温:31℃ ログ記入者:テツ☆

☆ special one shot photo

  • DIVE2
    大崎アカククリの館 晴れ

    1m

    8m

    水面が穏やかなのは大変良いけれど、しかし、やっぱり水中がぬるいんです。

    レンタルTG-4の使い方にも慣れてきたヤヨイさんだけど、ここではまた生物観察に目を向けてみましょう...ということになりました。

     

    メインとなる根には、夏らしくウスモモテンジクダイとスカテン(スカシテンジクダイ)が、たっくさん群れています。


    その群れの中にいるユカタハタ、ライオンフィッシュは、一見テンジクダイを狙っているかのように見えましたが、マッタク動く気配はなく、ただじーっとしているだけ...。

     

    あぁぁ... 今日も暑いねぇ... って感じで思ってしまいました。

    夜行性だからなのか、なかなか捕食するところは見られないものですね。

     

    普段、サンゴ礁の上で群れてるキンギョハナダイも、オオハマサンゴの傘の下では、腹を上にして仰向けになって泳いでいます。

     

    暗がりでは、天地を逆さまにしているのですね。

     

    生物観察をしていても、綺麗なのを見つけてしまうと、いてもたってもいられなくなってしまうカンザシヤドカリは、パステルピンクのサンゴに棲んでて、ハサミには綺麗なデザインがされている個体だったので、コレは無理やり、半ば強制的に撮ってもらいました。

     

    しかし、ザンネンながらニシキカンザシではなかったんだけどね...。

     

    どっかにいないかなぁ

    ニシキカンザシ...

     

    その他、アカククリ、ハマクマノミのコドモちゃん、イソギンチャクエビなど見てまいりました。

     

    潜水時間:45分 最大水深:7m 水温:30℃ ログ記入者:シナ☆

    ☆ special one shot photo

     

     

     

  • お店でサヨナラするときも、 車のドアが閉まったとたん、『テツさんとサヨナラするの、さみしいなぁ・・・』とユキ&チィ。楽しい2日間をありがとうね♪
  • DIVE3
    名蔵湾フラワーフィールド 晴れ 南東

    1m

    8m

    ちびっこたち。 そりゃぁもう、『三本目もテツさんとがいい〜\(^o^)/』

     

    と言う事で、ガイド交代で弥生母さんとマンツーマンでフラフィです。

     

    ダイブごとにガイドが変わるのは、

    お客様に気を使わせてしまう事もあるのですが、

     

    同じマクロ好きであっても、例え同じポイントであっても、

    ガイドの仕方も見せる相手も選ぶ被写体もかける時間も異なるのです。

     

    ということで、三本目は私の好きな色と、

    フットワーク軽くいろんなモードチェンジ☆にチャレンジしていただきました。

     

    浅いポイントということで、ウエイトも一つ増やして臨んだ弥生母さん。

    ドロップ沿いの真っ赤なカイメンに乗った赤いチゴベニハゼをマクロで撮ってね♪

    というオーダー。

     

    足場をどう撮るか!が、じっくりとれるかどうかの境目になります。

     

    『ダイビングが上手になってからカメラを始めるべきである』と言う人もいるけれど。

    いい写真を撮ろうとすることで、ダイビングが上手になっていく人をたくさん見て来ました。

     

    どうかな?上手くいったかな?

     

    記念撮影も、ボートの上での動画も、

    レンタルして下さったTG-4の中に収められています。

     

    いい思い出になったら、こんなに嬉しい事はありませんね♪

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:7m 水温:30℃ ログ記入者:リツ☆