6月21日(火)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
小浜島ノースドロップ晴れ

1.5m

8m〜15m

Nご夫婦(ミチハルさん&ユキコさん)最終日。

必ずや?ここではピグミーシーホース狙いなのだが、今日は、エンリッチドエアーだったので、深場はNG。

ただ、30m生息なので、まあ大丈夫・・・なのであるが、安全第一で♪

浅瀬は透明度悪し・・・

・・・であったが、 我々はマクロなので、お構いなし!

そして、ユキコさん、今日からレンタルカメラTG4&my カメラのオリンパスペンの

二刀流でトライ♪

撮り比べ?で。。

キスジカンテンウミウシ、カンザシヤドカリ、穴に潜むイシガキカエルウオ等々、

先ずは、TG4のお得意モードでトライ&トライ♪

撮り比べ・・・結果、最後はTG4のみで、楽しんでいた〜。。

TG4ファン、お一人様追加で♪

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:16m 水温:29℃ ログ記入者:テツ

☆ special one shot photo 

  • 西表島の山々にも、雲は架からず♪
  • DIVE2
    西表島座礁船前 晴れ

    1.5m

    18m

    西表沖を更に西へ。

     

    二本目は三枝子母さんとマンツーマンです\(^o^)/


    鳩間島もぐっと近くに見える座礁船沖。
    大潮の干潮で、潮がどんどん引いていきます。

    サンゴが見事なエリアですが、
    ここはぐぐっとリーフ際まで攻めてみました。

    夏の陽射しに温められて、
    水温も2度くらい高め(=゚ω゚)ノ

    あったか〜い海水に浸りながら、
    気がつけばアタシのつむじ、もしかして水面の上に出ちゃってる?

    水面の裏側には、リーフ際のサンゴが逆に映りこみ、
    不思議な景色が広がります。

    キビナゴもイスズミも、ブダイやクロハギたちも、
    群れを作って忙しそうに泳ぎ回っています。

    夕方までずっと浸っていられそうな、
    幸せでございました\(^o^)/?

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:8m 水温:29℃ ログ記入者:リツ☆

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
    西表島ヨナラノースインリーフ 晴れ

    1.5m

    18m

    3本目は西表のはじっこまで戻ります。

    今度はタカイチさんとマンツーマンで\(^o^)/

    まだまだ潮は引き、
    タイドプールが青々としていて、そそられるのです。

    浅いリーフをするりと越えていくと、
    そこには箱庭のようなサンゴ畑が広がっていました。

    口先の鋭いシジャー(ダツ)、ゆったり漂うタマガシラな群れ、ブダイの一行やアイゴの団体や、 アオリイカ軍団まで登場。

    リーフぎりぎりの水面には、 可愛いサヨリがたくさんいました。

    同じ目線に立つと、
    新しい発見がたくさんありますね。

    タンクのエアーも、半分以上残るようなダイブでしてが、
    海の優しさに包まれた3本目を楽しみました(^з^)-☆

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:8m 水温:29℃ ログ記入者:リツ☆