6月18日(土)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富ハナヒゲポイント 晴れ

南西

1.5m

16m

夏☆解禁となり、
強い陽射しに海も島も空も色鮮やかだった今日。

常連さんが集い、にぎやかなプテロイス号となりました。

1本目は竹富の砂地へ。

透明度は望めなかったけれど、
根を覆い尽くすキンメモドキのキラキラきれいだったこと\(^o^)/

ハナヒゲのご機嫌もよく、ゆっくり過ごすことができました。

あちこちにいるカンザシヤドカリも、住んでいるサンゴを見比べると、
いろんなバリエーションが楽しめます。

ワイドな視線でキンメモドキを楽しんだあとは、
マクロ目線で2度おいしいハナヒゲの根でした(^з^)-☆

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:13m 水温:29℃ ログ記入者:リツ☆

☆ special one shot photo 

  • 夏空全開!♪
  • DIVE2
    嘉弥真島東 晴れ南西

    1.5m

    18m

    夏!

     

    陸の気温は32℃。

    この暑さは、海風がその暑さを幾分、和らいでくれるのだが、それにしても、こんな時は、陸よりも海に出ていないと、頭の思考が鈍くなり、体の活力も奪われて、
    もう一日が、ウダウダの一日になること間違いない。。

     

    なので、こんな日は、海行きが「天国!」なのである(^^♪

    ただ、ただ・・・海に浸かっていた〜い。

     

    着後のゲストと合流の為、一度帰港。

     

    本日から、月一のシラクラさん登場。

    空港から、myジムニーに乗られて、颯爽と登場。

     

    OM−D=8mmワイドレンズ!

    不滅の名機、マクロは50mm+中間リング装着=100mmのフィルム

     

    ここは、リーフ際まで遠征?

    まだまだ、南風がそこそこ吹いているので、ベタ凪の半水面!を狙うが、今日は練習?ネ。。

     

    タンクを背負って、頭を出した怪しいオッサン二人が、リーフ際を舐めるように?

    夏の「風景」を狙う。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:1〜10m 水温:29℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
    嘉弥真島北 晴れ南西

    1.5m

    18m

    して、もう一回!

     

    ・・・リーフ際を舐める。。

     

    先程よりも、水面は静かで、キラキラと水面下が美しい。

    先程より、やや地味ながらも、リーフ上のサンゴも上等だ。

    ただ、浅瀬は濁りがあり、お湯のような?暖かなインリーフの水が満ち潮に乗って、外へ外へと流れだす。

     

    水温を測ると・・・32℃強!アリエン。。

     

    この水温は、水深1mエリアだけなのだが、のぼせてしまう程の水温で、頭を出して・・・半水面を狙う。

     

    8mmワイドレンズ・・・液晶画面を見ているだけでも、美しい光景が広がっているようだ。

    コッソリと、後ろから「覗き見」しているだけですけど。。

     

    夏になると、カタクチイワシや、キビナゴの群れが、リーフ際に群れて美しいのだが、

    8mmレンズでは、かなりの量(群れ)が居ないと、絵にならないかな?

     

    嘉弥真島と半水面。

    もっともっと「島」に近づきたい所だが・・・

     

    これから夏に向かって、南寄りの風が収まれば、干潮時を狙って・・・

    ドキドキするような半水面が撮れるハズヨ♪

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:1〜10m 水温:29℃ ログ記入者:テツ