6月10日(金)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富南 曇り

南西

1.5m

25m

今日はククルのとっつぁん船に乗せて頂き、

竹富三本立てで行ってまいりました♪

 

ヨスジ寄りに船を止めたのですが、

風向きよし!ということで、南の根まで楽々移動です。

 

ゲストの一眼マクロなナオちゃんに、『ねぇねぇ、何をどう撮りたい???』と伺うと、

『砂地のハゼ! ヤシャとかギンガとか♪』

 

普段、和歌山で潜っているナオちゃんなので、

南国らしいシチュエーションを選んで、ギンガエリアまで遠征してみました♪

 

ギンガハゼはちょっと数は少なかったけれど、

お見事ナオちゃん、自分で見つけた個体とがっぷり四つ☆

 

流れがあったので、最初は丁寧に流れの下から近寄って撮っていましたが、

途中、中抜けしてまた戻った時には、少し角度をつけてアプローチ♪

『エビ、二匹居ました〜\(^o^)/』との事でした。

 

その中抜けタイムには、たつのはぁちゃんをご紹介。

短いくちばしとキョロキョロ動く目が可愛いのですが、

人と違う仕上がりで写真を撮るのはちょっと回数を重ねないと難しいかしら?

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:29℃ ログ記入者:リツ☆

☆ special one shot photo

  • DIVE2
    竹富島 ウミウシ谷 曇り 南西

    1.5m

    20〜25m

    二本目はこちら。

    冬場にウミウシがぞろぞろ出て来る?というポイントですが、

    何しろ普段から地元でウミウシ三昧☆なダイビングをしているナオちゃんなので、

    ここはやはり南国モードで被写体探しです。

     

    でも、南からのウネリで少々底揺れ。

    ウミウシ向きのガレ場なので、なかなかこれと言うものが見つかりません。

     

    ご紹介したのは、カスリヘビギンポ・アオギハゼ・チゴベニハゼなどなど。

    変態仮面みたいで面白かったので、ご愛嬌でキロイボウミウシも♪

     

    最後には大き目のドクウツボも登場。

    根の周りは透明度も良かったのですが、もっぱら下向きな?二本目となりました。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:11m 水温:29℃ ログ記入者:リツ☆

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
    竹富島ハナヒゲポイント 曇り 南西

    1.5m

    25m

     

    ウネリを避けて、再び南のエリアへ。

    折よくハナヒゲポイントに船を止められてラッキーでした。

     

    朝からの流れも止まり、キンメモドキに綺麗に覆われた根はキラキラしていましたね。

     

    入れ替わりのタイミングで、メインの根は貸切。

    先ずは薄い色のハナヒゲ君を。 そしてお隣の濃い方も。

    てっぺん近くに陣取っていたオニダルマオコゼを『注意!』とご紹介してからは、

    フリータイムを楽しんでいただきました。

     

    お気に召したようで、没頭するナオちゃんを後ろから覗き込むと、

    おおっ!チゴベニハゼ!!

     

    岩穴には大きなクロハタがゆうぜんとホバーリング中。

    良く見ると、エラや口の周りをベンテンコモンエビが忙しそうにクリーニングして居ました。

     

    身体の向こうがわへ行ってしまうと、今度は黄色いミカヅキコモンエビが登場。

    交代で片身ずつクリーニングをしている内はいいのですが、

    同じ側でかちあってしまうと大変!

    どうやら弁天さんの方が気が強いらしく、三日月君を追っ払うのです。

     

    クリーニングをすごすごと諦めて、近くに岩で揺れていた三日月君。

    うふふ♪ ナオちゃん、憂いをおびた三日月君、シャッターチャンスですぜ!

     

    帰り道は風回り&雨も強くなりました。

     

    そろそろ梅雨も終わるのかな?

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:14m 水温:29℃ ログ記入者:リツ☆