6月1日(水)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富島ハナヒゲポイント晴れ

1m

18m

竹富3本立て〜\(^o^)/
じっくりフォトの強い味方のエンリッチで参戦のMさんです。

ハナヒゲの根は、だ〜れもいないし(^ω^)

ロンリーハナヒゲの三軒隣には、
20センチの間隔で空いた穴から2匹のハナヒゲが顔を出していました。

時おり顔を寄せあって、
何やら相談事?

一匹をアップで撮るか、
2匹をうまくクロスさせるか、
色々考えるプロセスが楽しいですね。

コンデジ片手のテツさんに、
ノコギリハギのちびを『撮ってね♪』と委託。

今日のテツさんも、実に楽しそうでしたな(^ω^)

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 逃げないヤツにはめっぽう強い
    TG4!?byテツ
  • DIVE2
    竹富島シュリンプキャッスル 晴れ

    2m

    18m

    梅雨真っ只中の石垣島。

    だが、ここ数日は全く梅雨の気配なし。。

     

    連日、例年になく33℃の暑い!暑い!日々が続いている。

     

    こんな日は、「海行き」があって助かる♪

    陸に居れば、おそらく猛暑に、体はもう「ダルダル」になってしまうだろう・・・。

     

    今日は、ウレシイ竹富島3連発!

     

    そして、ミヤハタさん最終日。

    実は、ダビングは昨日までだったのだが、急遽、エンリッドエアーを取得した〜い・・・

    と、一日延長して、お勉強&帰ってから何十年ぶりのお試験なのだ。。

     

    早速に、エンリッチドエアー効力絶大!な、竹富島3連発となった。

    まあ、一眼マクロ中心なので、尚更?竹富3連発でドップリと♪

     

    メインのシュリンプキャッスルは、夏前のこの時期、とても賑やかな「華やいだお城」に♪

    スカシテンジクダイを始め、グルクンの幼魚が、このお城をバリアのように囲む。

    大きく成長したアザハタがここの番人か?

     

    ミカヅキコモンエビ、アカシマシラヒゲエビ、ベンテンコモンエビなどのエビ類や、

    ピョ〜ン、ピョ〜ンと跳ねるアカホシカクレエビ。

     

    この根の周りに巣を作る、黄化個体のギンガハゼ&茶系ギンガハゼ。

     

    マクロ天国に時間を忘れる。

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:28℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo

     

  • DIVE3
    竹富島ジャガリコの根 晴れ

    2m

    20m

    ラストはジャガリコ(^з^)-☆

    このために残しておいたフィルムで、
    今日はジャガリコに乗せた溶けるチーズみたいなヨスジフエダイが、とても絵になっていました(^з^)-☆

    ワイドはもう、とにかく自由に自由に。

    中盤からはマクロに切り替えて、
    片っ端からご紹介です。

    婚姻色のデバスズメ・透明感のあるキンセンハゼ幼魚・ゴマみたいな目玉のヒレフリサンカクハゼの極ちび・きれいなサンゴに乗ったカスリヘビギンポなどなど。

    かなりマクロ一眼の打率が上がったMさんです。

    近日、たかくまされくまにアップさせていただきます\(^o^)/

     

     

     

    潜水時間:60分 最大水深:12m 水温:28℃ ログ記入者:リツ