5月31日(火)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
黒島キンメの根 晴れ

1m

25m

黒島までは、ずっとツルツルベタ凪ぎ(*^^*)

ポイントについたら、30m近い透明度の海が待っていました\(^o^)/

どんどん数とそのサイズを増しているキンメモドキ。

ギュギュッという音も聞こえてきそうな位です。

前半は28mmレンズでキンメモドキを押さえたMさん。

その間、写りこまないように死角を攻めていた私(^ω^)

後半用に、小物のリサーチで見つけたのが、
クマノミの卵♪

小サイズのハダカハオコゼ♪

エビにヨウジウオに、
ローラー作戦で色んなチャンスに出会えました(*^^*)

 

 

 

潜水時間:45分 最大水深:15m 水温:27℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • クマノミの目がはっきりとドームを描き、コンデジとは思えぬハイパフォーマンスを見せてくれる♪byリツ
  • DIVE2
    黒島キンメの根
    再び♪
    晴れ

    1m

    25m

    透明度も良く、海面もベタベタなので♪

    もう一度、トライ&トライ♪

     

    今日も貸切で、ミヤハタさん愛機ニコノスX型orレンタルのキャノン一眼マクロの二刀流でドップリ゚と♪

     

    お次は、ニコノスX型+28mmレンズから、20mmレンズ+20mm専用ファインダーに替えて、もう少しワイドで欲張りな?構図で粘る。。

     

    キンメモドキの大群はさて置き・・・

    先ずは、ライオン5匹〜6匹群れる根へ。

    岩の縁へ、逆さにくっ付いていたそれらを指示棒で根の上へ上へと、おびき出し、

    纏まりのある構図を作り出すべく「ご協力♪」

     

    ややキンチャク状に丸まったカクレクマノミが着くセンジュイソギンチャクも狙う。

     

    マンタ狙いにも絶好の20mmレンズ。

    15mmでは、ワイド過ぎる広角レンズも、20mmクラスになると、クマノミなどに接近出来れば、なかなか広角な構図が表現出来るレンズである。

     

    オールマイティなレンズが嬉しい。。

     

    結局、この根にて40分を過して、メインのキンメの根には行かず。。

    エアーでは、もうギリギリの水深。(無減圧潜水ギリギリ)

    やや水深が深いので、こんな時は・・・やはり、エンリッチドエアーがお得である。

     

    ニコノスから一眼マクロまで。

    忙しい?ミヤハタさんの水中撮影が今日も、繰り広げらてゆく〜♪

     

     

     

    潜水時間:40分 最大水深:15m 水温:28℃ ログ記入者:テツ

    ☆ special one shot photo

     

  • DIVE3
    黒島スモールワールド 晴れ

    1m

    18m

    窒素の溜まる1&2本目だったので、
    ラストは明るく浅い砂地です。

    メインのとんがりの根は、
    『スカシテンジクがメインです♪』とブリーフィングしたのに、
    キンメモドキの塊と、グルクンシャワーにノックアウトさせられました(^-^;

    小さすぎるアシビロくん、
    ソロリソロリと顔を出すクロホシハゼ、
    えぇっと、どっちがシマキンチャクでどっちがノコギリだったっけ?と迷うほど違和感なく一緒にくつろぐ魚たち。

    被写体を探し出す楽しみも見つけられたMさん。

    満を持して?
    明日からエンリッチスタートです\(^o^)/

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:8m 水温:28℃ ログ記入者:リツ