5月12日(木)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
大崎アカククリの館 晴れ

1.5m

20m

ツアー2日目は、マンタチャレンジからスタート(*^^*)の予定でしたが、

やはり昨日までの北風の名残でうねりが高く、大崎アカククリの館まで戻ってきました。

透明度もよく、爽やかな水中に、白い体のアカククリが、20匹近く浮かんでおりました。

あぁ、なんて平和なんだ!

思い思いにクマノミやエビを楽しんでいただき、
順番にハマサンゴの傘の下も覗いていただきました。

賑やかでカラフルなちびっこたちで満ち溢れているこの季節。

明るい陽射しがあれば、ポイントを問わず、どこでも楽しめることが嬉しいですね。

 

 

 

潜水時間:40分 最大水深:15m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 昨日のどんよりとした曇り空から一転、今日は、また夏空戻る♪まだ、梅雨入りしてませんが・・・
  • DIVE2
    名蔵湾ハイパーコモンの根 晴れ

    1.5m

    15m

    屋良部崎をにらむテツ船長。
    石崎に向かっていった船が戻って来るのが早すぎる!

    ということで、焦らない焦らない(^ω^)
    もう一本潜って、ランチも済ませてから!
    ということで、静かな名蔵に移動です。

    ハイパーコモンは、少し濁りぎみだったので、突然大きなサンゴの群体が現れて、
    皆さんの表情がぱぁぁぁっと晴れやかになったのがうれしかったなぁ(*^^*)

    サンゴのふもとは10m、
    てっぺんは5m。

    てっぺん目指して登るにつれて、周りの明るさがぐんぐん増していって、
    クロリボンスズメに混ざるアカネハナゴイやハナゴイたちのきれいだったこと\(^o^)/

    長めにとった自由時間も、みなさん楽しまれたようです。

     

     

     

    潜水時間:40分 最大水深:16m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
    石崎マンタシティ 晴れ

    1.5m

    18m

    朝の北のウネリに断念した「マンタ行き」・・・

    午後からウネリが収まるのを待って、さあ、満を持しての石崎行き♪

     

    東京からのショップツアーHORAIZONさんチーム。

    HORAIZONさんチームはリツに任せて、私は、Yご夫婦を担当。

    お二人も、マンタリクエスト。。

     

    まだ、ウネリが残っていたが、朝よりは全然マシだ。。

    皆様、意を決して頑張った。。

     

    ・・・の甲斐あって、たっぷりとマンタウォッチングに興じる事が出来た。

     

    我々は、エントリー早々から、船傍を通過するメスのマンタと遭遇。

    丁度、メインの根へ、行く途中であったらしい?

     

    そのメスの個体の後をつけると、案の定、メインの根で、ホーバリングを開始。

    既に、もう1匹のこれまたメスの個体と合流して、2匹が乱舞♪

     

    今日は、ほゞ、四六時中 、マンタが代わる代わるやって来た。

     

    数は・・・3個体かな?

     

    5月は好調のマンタポイントである。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:12m 水温:27℃ ログ記入者:テツ