5月11日(水)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富島ハナヒゲポイント曇り

2m

18m

折角のショップツアーなのに・・・(;゚Д゚)

昨日までの夏らしい南風はどこへいっっちゃったの〜??

 

強い北風に負けず!今日は竹富→黒島→竹富と頑張りました!

 

一本目は更に強めの流れがありましたが、

メインの根の近くに船を止められたので、目標としていたハナヒゲウォッチング☆は、皆様に楽しんで頂く事が出来ました。

 

太めのガーデンイールは、いい写真を撮るのは難しいけれど、

それぞれ砂地にはいつくばって、間合いを攻めていく姿を後ろから楽しませて頂いちゃいました(´艸`*)( *´艸`)

 

今日もひらひらと綺麗だったフタイロハナゴイのチビ。

3兄弟に増えて居たノコギリハギのチビ。

プラスチック製にまちがいなし!なカマスのチビ。

双子のアカシマシラヒゲエビなどなど、

この所の定番達も、機嫌よく登場してくれました。

 

本当ならもっとのんびりしたチェックダイブが理想でしたが、

チームワークの良さで、無事に体慣らしが出来た一本目に感謝でございます♪

 

 

 

潜水時間:40分 最大水深:15m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

☆ special one shot photo

  • 梅雨入りは、まだ、していないが、今日は一日中、「梅雨空」のような空が広がった。。
  • DIVE2
    黒島キンメの根 曇り

    2m

    18m

    一度港に戻り、到着後のゲストさんをお迎えしての2本目。

    まだまだ風は強く、とても大崎方面には上がれない!

    ということで、

    一挙に黒島までいっちゃお♪と言う事に。

     

    予定では風の陰になるV字や仲本海岸方面を考えていたのですが、

    昨日までの南風による名残のうねりがあり、

    風が少し落ち着いていた事もあり、キンメの根に潜る事になりました。

     

    このポイントもボート近くに根があり、

    アクセスはしやすいのが何より。

     

    夏らしくボリュームアップしたキンメモドキの中にすっぽり入り込む楽しさは、

    ぴか一ですね。

     

    写真を撮りやすいクマノミファミリーは、

    産みたての真っ赤な卵を守りながら、

    皆さんのカメラに何枚も収まりました。

     

    ハダカハオコゼも健在でしたが、今日はそこにオニカサゴも参戦☆

     

    実はカラフルな体色がきれいなオニカサゴ、

    クマノミとお見合いするような立ち位置で、ポーズを取ってくれました。

     

    二本目に潜るには少々深めのこのポイント。

    潜水時間を考慮して、短めに切り上げました♪

     

     

     

    潜水時間:40分 最大水深:16m 水温:28℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3
    竹富島ヨスジの根 曇り

    2m

    16m

    黒島エリアまで来たものの、昨日までの南風の影響か、南からのウネリが残り、黒島の南側を断念。

     

    再び、竹富島エリアへ戻る。

     

    私は、今日でラストの大御所イセリさん&本日着後ダイブご参加のYご夫婦(カツミさん&ユキさん)を担当。

     

    久し振りにこのポイント。

     

    我々は、ヨスジの根へは行かず、白い砂地に点在する根を巡る事にした。

     

    フラットな水底には、小さいが、至る所に根が点在。

    大中小のデバスズメダイの群れが、テーブル状のサンゴに見え隠れして、華やいだ雰囲気を醸し出す。

     

    以前と比べると、点在する根のサンゴは、かなり復活しているように感じられた。

    残念ながら、今日は一日曇り空。

    水中は、曇天の為、やや暗さが支配していたが、白い砂地の広がりが、幾分、

    心に明るさを灯してくれたようだ。

     

    この時期「、キンセンハゼのペアーが、至る所で見られ、既に、殆どのオスが口内保育の「イクメン中」している姿が見られる。

     

    水温の上昇と共に、いよいよ、魚達が活発に「蠢く季節」到来である。

     

     

     

    潜水時間:45分 最大水深:12m 水温:27℃ ログ記入者:テツ