5月5日(木)

DIVE1

Point Weather The wind direction Wave Transparence
竹富南 曇り

南東

1.5m

30m

南寄りの風でも、弱かったので、竹富島の南へ♪

 

透明度良し!!

最近、あまり透明度が良い所がなかったので、先ずは一安心だ。

 

そして、薄日ながら太陽も♪

 

ブルーに広がる水中は、すこぶる気持ちが良い(^^♪

流れ少々だが、問題なし。

 

私は、Nご夫婦(ミチハルさん&ユキコさん)&カノウさんの3名様チーム。

皆様、マクロレンズ仕様。

 

一斉に、砂地に散らばる・・・事は、、、しないが、一斉にmy wordへ突入。

 

ケラマハナダイの根では、フタイロハナゴイの幼魚。

イボハタゴイソギンチャクに忍ぶ、ニセアカホシカクレエビ。

綺麗処のうすピンク色のポリプの穴を住処とする、カンザシヤドカリ。

砂に潜ってしまった、マダラシライトイソギンチャクを住処とする、アカホシカクレエビが住処を失い、右往左往とする様。

 

竹富南のエリア・・・いつもと変わらぬ水中光景に、ついつい引き込まれて、潜水時間がオーバー気味になるのだ。

 

こんな時、エンリッチドエアーのありがたみが分かるのだ。。

 

水深13m、50分でも、まだまだ余裕の潜水時間なのだ。

 

 

 

潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:26℃ ログ記入者:てつ☆

☆ special one shot photo

  • 今日は、竹富島エリア、透明度良し!
  • DIVE2
    竹富島ハナヒゲポイント 晴れ 南東

    1.5m

    25m

    上等透明度の3本立て(=゚ω゚)ノ

    10オーバーの水深があるのですが、白い砂地がどこまでも広がっていくイメージは、

    さすが沖縄\(^o^)/でございます。

     

    水温も安定、根付く魚達も、一匹一匹が大きく成長していたり、

    夏に向けての次世代たちもすくすくと育ってきています。

     

    チビグルクンたちも遂に解禁\(^o^)/

    夏の訪れをいち早く知らせてくれました。

     

    ハナヒゲウツボは二匹仲良く穴の中♪

    と思っていたら、何やら居心地が悪くなったのか、一匹がにょろにょろと巣穴から脱出(=゚ω゚)ノ

     

    暫くねのくぼみでとぐろを巻いていましたが、

    全身を見られる絶好のチャンス☆を、皆で大いに楽しませてもらいました。

     

    嬉しい出会いはフタイロハナゴイ。

    そしてノコギリハギのちびすけ兄弟。

     

    ほっこりする出会いに、ガイドをしながらもとても楽しめた海でございました(^^♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:26℃ ログ記入者:りつ☆

    ☆ special one shot photo

  • DIVE3

    竹富島シュリンプキャッスルチーム&ジャガリコチーム

    晴れ 南東

    1.5m

    20m

    うふふのふ♪ 砂地三本立て♪

    お客様の中にもエンリッチドエアーを選ばれる方が増えて来て、

    竹富三本立ても、体に優しく潜れるようになってきました。

     

    もちろんエアータンクの方もいらっしゃるので、

    三本目は窒素の残留を十分に考慮しますが、

    それでも上がった後の体の軽さは実感☆ですね。

     

    りつチームは、マクロマクロと続いた事もあり、

    三本目は広い画を楽しみに行きましょう♪と意気投合。

    ご一緒したのはまぁちゃんとヒロシさん。

     

    メインのじゃがりこの根がぼんやり見えてきた辺りから、『どうぞ♪ご自由に♪』

     

    ヨスジフエダイもかなり大きな身体つきになり、迫力満点でした。

    アカヒメジと一緒になると、群れは更にボリュームアップ☆

     

    じゃがりこの面白いサンゴの形と相まって、

    動画良し!ワイドコンバージョンレンズもいい仕事をしてくれましたね。

     

    生態面でも面白かった♪

    個人的にとても好きなカブラヤスズメダイ。

    丸まっこい身体を良く見ると、お尻の近くに産卵管がひょこっと飛び出していました。

     

    岩やバラスにお尻を擦り付けるようにすると、

    もう一匹が後を追いながら同じようにすりすりしています。

     

    卵そのものはきっと透明なのでしょう。

    あちこちで沢山のカップルが産卵をしておりました。

     

    根の裏側では、ハダカハオコゼがゆらりと揺れ、そのちかくではカンムリベラの幼魚が忙しそうに餌を啄んでいました。

     

    白い砂地に黄色・水色・赤・・・と、実にカラフルな世界でした♪

     

     

     

    潜水時間:50分 最大水深:13m 水温:26℃ ログ記入者:りつ☆